最終更新日:2019年10月04日

長嶋一茂は、天然ボケでも、短い野球人生でも、見た目の清潔感の大切さを教えてくれる

1.長嶋一茂という男

出典元:https://mikansan.xyz/archives/2725
長嶋一茂という名前を聞けば野球について詳しい者でも、そうでない者でも「長嶋茂雄」の名前が頭を過ることだろう。ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄の長男。それが長嶋一茂を語るとき一番に出てくる言葉であろう。現在の一茂氏は野球解説をはじめスポーツの普及に携わりつつ、タレントとしても広く活躍するマルチタレントとしての地位を築いている。

長嶋一茂に悪いイメージを持っているということをあまり聞かない。そこには、彼が持つ魅力が関係している。そしてその魅力が作られた理由には、彼が歩んできた人生が大きく関わっているのだ。

長嶋一茂氏は、1966年1月26日生まれで2019年には53歳になっている。親の影響もあり幼少期に野球をしていたが、小学生で一度辞めている。その後、高校で再び野球を始めた。大学に進学した後も野球を続け、この大学野球で活躍をすることになる。その活躍が認められ、ヤクルトにドラフト1位指名で入団している。

その後、巨人に移籍をした。この巨人時代には、実父である長嶋茂雄氏が監督をしていた。親子同チームでの活躍は3シーズンでピリオドとなり、一茂氏は1996年にプロを引退している。プロ野球選手を引退後、極真空手を始めた一茂氏は現在では20年以上の経験者となり、2019年には国際大会に出場し、3位入賞で銅メダルを獲得している。

野球の解説やスポーツキャスターとして活躍をしている一茂氏だが、空手の経験を買われK-1の解説をしたこともある。スポーツにかける思いは熱く、解説では鋭い指摘も多いため高く評価されている。一方でタレントとしての一茂氏は、天然ボケと言われることが多い。家の壁に「バカ息子」と書かれた際に、「ウチには娘しかいないんだけどな」と言ったエピソードは、伝説のように語り継がれる一茂氏エピソードだ。

2018年にはバラエティやニュースなど、多くのテレビ番組に出ることとなった。

2.「巨人軍は紳士たれ」とは

出典元:http://www.newyorker.co.jp/magazine/interview/traditional_style/278/
その一茂氏が所属していた読売ジャイアンツ(巨人軍)には、正力松太郎氏が遺した「巨人軍は常に紳士たれ」という信条がある。今でこそ、ヒゲを生やしたり、長髪にしたりする選手もいるが、少し前までは髪を染めるのも、ヒゲを生やすのもNG。テレビ出演や移動をするときにはスーツとネクタイを着用することなど、社会の手本となる自分であることが求められていた。

巨人に所属をした経験がある清原氏は、自身の著書で「カバンの持ち方も決まっていた」と述べている。他の球団にはなく、巨人にだけこのような決まりがあったのは、それだけ日本の野球界における「巨人軍」の役割が大きかったからだろう。

「巨人・大鵬・玉子焼き」と言えば、戦後の日本で子供が大好きだったものだ。子供から大人まで皆が巨人軍に注目していたことがよくわかる言葉である。だからこそ、巨人軍は社会規範となる行動を義務付けられていたのだ。

現在でも、プロ野球一の歴史を持つ巨人軍が何かとメディアで取り上げられ、注目されることが多い。
一茂氏が巨人軍でプロとして活躍していた際にも、当然このルールは守られていた。

3.長嶋一茂の自由な生き方。その土台

出典元:https://girlschannel.net/topics/1567436/
だが、一茂氏の「自由さ」は、「巨人軍は常に紳士たれ」の信条と相反するもののようにも聞こえる。
巨人軍は常に紳士たれ、の言葉には自由さはないからだ。確かに、自分の好きなようにしようと思ったら紳士的ではない行動も多くなる。しかし、一茂氏の「自由さ」とは「紳士」の上でも成り立つ自由さなのだ。

と、いうのも一茂氏はプロ野球選手時代にパニック障害を発症している。パニック障害になる原因はさまざまであるが、過度のストレスも原因の一つとされている。最近の研究では脳内ホルモンのバランスの乱れが原因とされているが、ストレスはホルモンバランスを崩すことでもよく知られているからな。一茂氏のパニック障害は現在も完治はしていない。だからこそ、一茂氏はストレスを貯めないよう、「毒のある自分を認めること」の重要性を説いている。

「天然ボケ」と言われる発言にしても、好き放題いう自由奔放な発言にしても、自分の思いに蓋をせず、酸いも甘いも全部自分なんだと自己肯定から生まれるものなのだ。それが自身にとって一番心地よいからこそ、一茂氏は臆せず自由に発言をするのだろう。

一方で、そうした自由奔放な発言をするとき、つまりテレビに出演したり、雑誌のインタビューに答える際には一茂氏はスーツを着ていることが多い。どんな服装であっても咎められることはないとしても、きっちりとしたスタイルを崩すことがない。

これは、「巨人軍は常に紳士たれ」の信条が身についているからだ、と言ってしまってもいいだろう。

4.見た目で得をする清潔感


一茂氏のような「紳士」ないで立ちは、モテる男になるためにかなり優位に働く。何故なら、仕事をする上で紳士的なふるまいができる人間の方が信頼がおけるからだ。恰好で仕事をするわけではないが、話していることをしっかり聞いてくれているか、またそれに応えようとしてくれているか、というのは仕事をする上で大切だ。

共に仕事をし、何か結果を残そうと思えば相手を信用し、任せられる仕事を任せる必要がある。そうすることで一人では無理だった利益を上げることができるのだ。
仕事ができる男は女性もモテる。だから、紳士的ないで立ちがいかに大切かがわかるであろう。

また紳士然とした姿は、清潔感がある。清潔感があれば、自己管理ができることをアピールできる。自己管理も相手に不快感を与えず、信頼度を高めるために優位に働く。

一茂氏もいつでも清潔感がある、だからこそ、世間からの信頼度も高いのである。
我々も一茂氏からモテ技術を学ぼうと思えば、まずこの「清潔感」から学ぶべきだ。何故なら、清潔感は女性はもちろん、男性にも好印象を与えるからである。
そのためには、まず「ヒゲ脱毛」をしてみるのはどうだろうか?

ヒゲ脱毛をすれば、毎朝のヒゲ剃りから解放され、朝の貴重な時間を自己投資に回すことができる。そうすれば、いつもはなかなかできない資格勉強をしたり、運動習慣を身に着けることができる。
モテるというのは「何かをすればモテる」というのではなく、様々な歯車がモテるという目標のために見事に調和をとり動き出した結果に訪れるものだ。

「ヒゲがなくなれば一緒」ではなく、ヒゲ脱毛をすることにより朝の時間に余裕ができ自己投資に時間をさけるようになり、自身をレベルアップできること、ヒゲの剃り残しの心配がなくなり清潔感ある身だしなみをキープできること。そうしたことが重なることとで「モテるようになる」のである。

だから、朝にヒゲ剃りタイムが残っていてはあまり意味がないのだ。そうではなく、ヒゲを剃らなく良い状態に「ヒゲ脱毛」をすれば、清潔感も自己のスキルアップもできモテにつながるのだ。
モテは一日にしてならず。自分自身の成長のためにも、ヒゲ脱毛をしてみよう。

見た目で得をしたいならヒゲ脱毛!おすすめの脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ


第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼは医療機関であるため、永久脱毛が受けられる。

メンズリゼのおすすめプランは、ヒゲ4部位の中から気になる部位だけを自由に組み合わせて永久脱毛できるセレクトヒゲ脱毛3部位68,800円(5回)だ。

部分的に残したい場合やデザインヒゲにしたいなどニーズに応じた施術ができる。

魅力的なのはプランだけじゃない。メンズリゼはコース料金以外にキャンセル料や再診料などの追加費用が一切かからないというコスパの良さもある。

全体のコスパの良さで考えるならここがおすすめだ。まずは、無料カウンセリングへ行ってみてくれ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

泣く泣く2位となってしまったRINXと1位の差は永久脱毛でないことだ。しかし、RINXでも通い続けることできれいなヒゲを維持できる。

RINXのヒゲ脱毛プランは、部位が7部位に細分化されているから、自分の好みに合わせて脱毛したい部位をピンポイントで選べるんだ。脱毛途中でも部位の変更が可能だぜ。優柔不断なメンズにとってはありがたい対応だな。

各部位5回コース2万円前後で受けられる。

しかもRINXでは、オリジナルの男性専用脱毛マシンを開発しているから、男性の様々なムダ毛の悩みにも対応。心強いよな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック


第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

メンズリゼと同じ永久脱毛を扱っているクリニックだ。

ゴリラクリニックで最もニーズが多いのはヒゲ。平日11時〜15時のみ、ヒゲ3部位6回コース68,800円受けられる。

時間外でも、+19,800円で脱毛してくれるから安心しろ。まずは24時間受付可能なWeb予約で、無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

モテる男は歯が命 2018年7月4日 モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング