menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年04月24日

お前が輝く時間はいつだ?一日中最高の状態をキープしてこそ、男だろ

朝はピカピカ、夜はボーボーこれなーんだ?

答えは簡単。お前たちのことだ。朝身支度をしたお前たちはそれは立派なビジネスパーソンだ。ピカピカとした希望に満ち溢れている状態だ。

しかし時間が刻一刻と過ぎ夜になるとそれは変わる。お前たちの顔には髭が伸び、目の下にはクマができ始め、疲れがにじみ始めるのだ。朝のピカピカさとは別人のような疲れ切ったビジネスパーソンの出来上がりだ。

自分を客観的に見る機会は少ないかもしれない。しかし、地下鉄に乗ってふとガラスに映った姿を見て、「俺も老けたな」などと感慨深くなる経験があるヤツもいるだろう。そういう状態が当たり前と思ってはいけない。

むしろ、男たるものいつでも何にでも全力投球ができるようにしておきたいものだ。そうは言っても毎日仕事に追われていては、自分を省みる時間さえ惜しいという気持ちもよくわかる。

特に会社に入りたての頃は周りの環境に慣れなければならないし、覚えることも多いので無理に無理を重ねることも多々ある。そうした経験を重ねて、お前たちは少しずつ成績が上がり、自信をつけていくのだ。

だが俺はここで、だから自分のための時間は犠牲にしてもいいとは言わない。何故ならば、そこで自分自身のために時間を取れないのであれば、例え仕事に慣れたとしてもお前は自分の時間をとれなくなる。

既に諦めている場合は、この先一生チャンスは訪れないだろう。まずは気持ちの面で一日を通し「疲れ知らず」になることが重要だ。そしてその気持ちは当然身体的にも影響してくる。

今回は一日中最高のコンディションを保つための秘訣を伝授しよう。

大事な予定は夜入る、だろう?

どうして夜まで最高のコンディションを保たなければならないのか。それは単純な話、彼女といいコトするのは夜だからだ。

朝から晩までのお前たちは企業での最高のパフォーマンスを期待されている。だからこの間にだらけるのはいただけない。

どんな仕事であれ業務であれ、お前たちに課されたものはお前たちが解決すべきものだ。そこに責任をもって取り組まねば、できる男になることはできない。

そこで全力投球するのは言うまでもない。だが、そこで力尽きて家に帰り倒れこむようでは、やはり男が廃る。

男たるもの、夜は「男」を発揮せねばならない。それを女性たちも期待しているのである。お前たちがパートナーとよい関係を築いていきたいのであれば、彼女たちとの時間にも全力投球すべきなのだ。

女性は大なり小なり「特別扱い」が好きだ。これはお嬢様扱いをしなければならないという意味ではない。他の女性よりも貴女を愛しています、という証としての「特別扱い」だ。それには当然、疲れていても疲れを見せないということも含まれる。

いつも疲れた顔をしていれば、一緒に居る女性たちがいい思いをするはずはなかろう。反対に、付き合った女性がいつも疲れた顔をしてため息を吐いて、夜の関係を迫っても「疲れているから嫌」という態度を続けていたらどう思う。

彼女に対して心配する気持ちは抱きつつも、どうしてそんなに疲れているんだ?もう少し俺と付き合っていることを意識して欲しいと感じるのではないか。それと同じだ。

これが女性の場合は、男性は体力があるという前提に立っているので、疲れた表情を常にしているというだけで幻滅対象になり得る。だから、夜でも自信と希望に満ち溢れている男が魅力的なのである。

かと言って、夜だけのために体力を余らせているのもいただけないぞ。大切なのは昼も全力投球、夜も全力投球という状態だ。夜だけ全力投球となっては、女性から煙たがられても仕方なかろう。

男は昼も夜も「最高値」を期待されているのだ。

男は一日中輝いてこそモテる

昼も夜も輝く男がモテるのは、仕事にもプライベートにも全力をかけられるからである。

オフィスで人気の男というのは、仕事に対して前向きで常に自分を向上させようという気持ちが表れている。そういう男は、いくつものプロジェクトを任されていても弱音を吐くことはない。仮に手に余る場合は、周りと協力してその課題を乗り越えようとする。

反対に誰かが助けを必要としている場合には、積極的に手を貸す。そうした姿が女性スタッフから「頼もしい」と思われ、同時に「男らしい」と評価されるのである。

このように昼、男が輝くというのは「人のために動ける」という要素が大きい。自身の仕事もこなしながら、如何に周りを助けることができるか。その活躍が輝きとなるのである。

更に上級者を目指すのならば、女性への気遣いは常にしておくように。というのも女性というのは大変な時にもそれを顔に出さずに無理をするパターンがあるからだ。

これは同じ仕事をする同僚でも、事務職の女性でも同じである。自分さえ無理すれば大丈夫と無理しがちなのが女性だと思い、女性の仕事を積極的に手伝ったり、甘いものを差し入れたりすると喜ばれるだろう。

ただ度を超すと、女性ばかりひいきにするとも思われかねないので、注意が必要だ。男よりも女性を気遣うという姿勢で臨むのがいいだろう。

昼に対し、夜の輝きは「一人の女性を如何に愛すか」が輝きポイントとなる。誰でも彼にでもいい顔をするのではいけない。お前がこの人と決めた女性に対し、如何に誠実になれるか、である。男はこれが案外苦手だ。

だが、彼女といい仲になりたい、いい関係を築いていきたいと思うのであれば、「お前だけ」という態度は必要不可欠だ。

そうした自分だけという特別感を彼女に与えることができれば、お前は夜に輝く男となれるのだ。人のため、という昼とは全く違うスキルが求められるのが男の夜なのである。

この辺りの調整が上手くいかず、誰かを優先したり、彼女以外の要件を気にかけたりしていると女性の気を損なってしまう。経験がある男はわかるだろうが、気を損ねた女性のご機嫌をとるのはなかなか大変だ。

男は頼られると断れないヤツが多いから、プライベートでも電話がかかってきたら相談に乗ってしまうし、仕事で役に立ちそうなことがあれば彼女の話に集中できないこともある。

それが悪いこととも感じないからしてしまうのであるが、こうした態度は女性にとっては「ないがしろにされている」と思われるのである。

お前たちには全くその気がないかもしれないが、そう思われ、気分を損なうのだ。これに対して「面倒だ」と思ってはいけない。

女性が求めているのは、「自分といるときは、自分を優先して欲しい」という気持ちで、要はお前に甘えているのだから。女性たちが甘えてくるのは、お前を頼っている証拠だし、お前たちに愛情がある証拠でもある。それを可愛いと思えるだけの余裕を男に求めているのだ。

更に、彼女を特別扱いする上で大切なのはお前の身なりである。

一日中働いた後というのはどうしても疲れが出てしまう。しかし、朝と同じ手入れのされた状態で彼女に会うこと、これが彼女にとっては「自分は彼の中で特別な女」と思える要素なのである。

つまり、お前たちがそれだけ彼女たちに心を砕き、また時間を割いているという事実が彼女たちにそう思わせるのだ。

心も体も万全に準備できてこそ、彼女に全力投球できるようになるのである。夜の男が輝くにはそうした準備が求められているのだ。

最高のコンディションをキープする方法

とは言いつつ、朝ヒゲを剃っても時間が経てば生えてきてしまうものである。残念なことだが、男の疲れ顔の多くの要素はこのヒゲによる。

つまりまだらに生えたヒゲというのは、疲労感を演出することはあれども男らしさにはならないのである。

では夕方、会社が終わったらヒゲを剃ったらいいと思うかもしれないがこれがなかなかうまくいかない。

会社、駅、公園、商業施設など、公共のトイレでヒゲを剃ることは可能であろうが、公共のトイレ故にヒゲ剃りをするのはマナー的にどうかという問題が浮上する。やはりヒゲ剃りは家でするべきものだ。

そうなると彼女に会う前に一度家に帰り、ヒゲを剃り、服を整えてもう一度外出となるが、そんな時間的余裕がビジネスパーソンにあるはずがない。

結局、まだらに生えたヒゲはそのままに彼女に会うしかないのである。しかし、それでは彼女に「特別感」を味わってもらえない。ではどうすればいいだろう。

その一つの答えが、ヒゲの毛量を減らすことである。毛量を減らすのは、自己処理では無理だ。シェーバーなどを用いて毛を処理すれば、毛を剃ることしかできない。

剃った毛はなくなったように見えるが、毛根が残っているので時間が経てば生えてきてしまう。毛量を減らすには、毛根細胞を破壊して毛を生えてこないようにする必要がある。それができるのが「メンズ脱毛」である。

脱毛と言うと毛を全てなくしてしまうというイメージがあるがそんなことはない。特にメンズ脱毛では、毛量の多い男性に特化した脱毛であるため、毛量を減らすという目的もあるのだ。

ヒゲが全く生えないという状態が楽でいいと思うヤツは全部脱毛するし、それでは大人の男として恥ずかしいと思うヤツは毛量を減らして夜になってもそれほどヒゲが伸びない状態にすることもできる。

こうして自分自身の納得できる「最高のコンディション」になることで、夜彼女と会うときでも自信を持つことができるのである。

この自信は心の余裕にもなり、彼女に対して寛大に接することができるようにもなる。

これができると、女性の気まぐれな心にも対応できるようになるので言い争いや喧嘩になることもずいぶん減る。そうすると、女性はお前がとても頼りがいのある男だと認識し、更にお前への愛情を深めることとなる。

こうした良い循環が生まれることは、二人の仲を進展させるのに大いに役立つ。

たかがヒゲが生えなくなるくらいで、そんな変化はでないだろうと半信半疑のヤツもいるかもしれない。しかし、先ほども言ったように男の疲労感の象徴はヒゲだ。

そのヒゲがなくなるだけで、朝と同じ状態をキープできるのである。それはイコール、朝のピカピカとした希望に満ち溢れた状態が夜まで続くことを意味している。例えお前の心は違ったとしても、だ。

しかし脱毛をすると、「自分は脱毛している」ということが自信につながり、夜まで心もピカピカ状態をキープできる。仕事で接待をする場面でも、お前の見た目が相手に好印象を与えることは間違いない。

一日中最高のコンディションを保てるということは、仕事においてもプライベートにおいてもメリットはあれどデメリットはないのである。

ヒゲ脱毛初心者のためのヒゲ脱毛ランキングTOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

お笑いコンビ・ノンスタイルの二人が出演しているCMで話題のメンズリゼだ。
脱毛がはじめてのメンズでも安心して通える無料保証が完備されている。
カウンセリング料はもちろん、キャンセル料、剃毛代など表示価格以外はすべて無料
しかも、メンズリゼのヒゲ脱毛は業界最安値58,800円という太っ腹さ。
はじめやすさ、通いやすさ断トツ1位だな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

部位別の脱毛もあれば、全身脱毛・半身などのセットプラン、予算に合わせたオーダーメイド脱毛もあるのがRINXの特徴だ。
ちなみにヒゲ脱毛は7部位に分かれていて、1部位5回コース2万円前後で受けられるぜ。
とにかく、キャンペーンが豊富なメンズサロンだ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位にランクインしたのは、男性脱毛専門のゴリラクリニック

「ひげのゴリラ脱毛」で有名なゴリラクリニックだ。
その名のとおり、ゴリラのような剛毛でも脱毛できるのがゴリラクリニックの強みだ。
平日11時〜15時の間は68,800円でヒゲ脱毛4年間無制限というお得なプランが実施中だ。
上記以外の時間帯でも、+20,000円で脱毛が可能だ。
まずは、無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
キーワード
話題の記事