menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2018年12月26日

モテる男は「セフレ」にもモテる。モテる男にあやかる「セフレ攻略法」

セフレに憧れるのは「一時の快楽」の先にある「可能性」を感じたいから

セフレ

「セフレ」という存在に憧れる男は多い。本命、妻がいながら、敢えて「セフレ」を作る男。特定の相手と付き合わず、「セフレ」と体の関係を続ける男。

セフレとの関係は様々であるが、セフレとは「体のフレンド」である。

性欲処理なんて言えば、女性陣から避難轟々に合いそうであるが、実際のところ性欲を満たしたいだけの男は少なくない。

ついでに言えば、相手をする女性たちにも性欲処理を目的にしている割合は一定数いる。つまり、セフレというのはお互いの欲求を満たす関係であり、経済学的に言えば「WIN-WIN」の関係だ。

「セフレ」キープは一朝一夕にならず。不断の努力が必要である

セフレ 努力

そんなセフレであるが、ではどうやったらセフレを見つけることができるのか。

多くの場合は、自分の周りにいる女性をセフレにしている。友人、知人、職場やアルバイト先の女性、元カノなど、言ってしまえば君の周りにいる女性がセフレとなる可能性を秘めた人なのである。

それらしい雰囲気になったときに、チャンスを逃さず「いただきます」をすることで、その後何となくセフレになるパターンが多い。

むしろ、ツイッターやSNSなどセフレを探そうとするのはリスクが高い行為と知らねばならない。というのも、ツイッターやLINEといったSNSではプロフィール写真と本人が違うなんてことは日常茶飯事だし、相手の真意も不明である。

セフレが欲しいなぁと思ったのならば、まずは君の周りに誘いに乗ってくれそうな女性はいないかを探してみることから始めるべきだ。

だが、自分に自信がないメンズは、自分なんかが誘っても……と自分を過小評価しがちだ。

ここで、セフレをする男女の心理をもう一度振り返ってみよう。そう、男も女も「性欲処理」。これがセフレの主な目的の一つである。

そこに、愛やら恋やらというものはあまり関係ない。更に言えば、美醜ですら関係してこないこともある。

もちろん、顔や体が自分好みである方が「燃える」であろうが、顔はそれほどではなくても体が好みであれば、男は案外いける。

性欲を処理したい女性側にしてみても、「満足させてくれるテク」を持っているのであれば、セフレとしては合格点と思っているようだ。

この辺りの「体の相性」は実際にセックスをしてみないとはっきりしない。そのことを、男も女性もわかっているので、それらしい雰囲気になったときに流される女性は案外多い。

これまでの人生において、自分の周りの女性と「それらしい雰囲気」になったことがないというメンズも、雰囲気作りを心掛ける、シチュエーションを作り上げることで「セフレへの一歩」を踏み出すことができるであろう。

手っ取り早いのが、女性からの悩みを聞くことである。女性というのは「共感の生き物」である。誰かに、自分の悩み、気持ちを聞いて欲しい、理解して欲しいと常に思っているものだ。

だから、友人や知人、職場の女性から悩み相談が来たら、「チャンス到来」なのである。悩みを聞き、それに応えることでそれらしい雰囲気を作り出すことが容易にできるのだ。

まずは君自身が相談しやすい人間であることを知ってもらうのが良いだろう。同性異性、年上年下などを問わず、話しかけられやすい雰囲気を作り出せば、知らずと女性からの「悩み相談」が増えるものだ。

君たちが20代であれば、友人の方がモーションをかけやすいだろうし、30代、40代になれば職場の女性の方がそんな関係になりやすい傾向にある。

モテる男がしている「セフレ」キープの秘訣はこれだ

だが、こうして「セフレ」を見つけることができても、セフレをキープするのがまた大変なのである。

というのも、キープの匙加減を間違えると修羅場に巻き込まれたり、すぐに関係が解消したりしてしまうのだ。

ここで、モテる男たちは実にスマートにセフレをキープしている。その秘訣を紹介しよう。

1.冷たすぎず期待させない絶妙な返答を心がける

連絡

これは、面と向かっている時、LINEやメールで連絡を取っている時、どちらにも当てはまることである。

セフレというと体の関係だから、と必要以上にドライに対応してしまう男がいる。これでは、あまりにも冷たすぎる。

プライベートなことを聞かれても、一切答えない。答えないばかりか、相手への質問を無視するような態度である。だが、反対に期待させてしまうのも面倒なことになりやすい。

あまり自分自身の私生活、プライベートなことを相手にしゃべりすぎるのもNGである。

もっとも、初めから地元が同じ幼馴染、同じ職場という場合は、相手が既に知っていることだから無理に隠し立てする必要はない。線引きとしては、これまで相手が知っている以上の情報を「過度に」与えないことである。

ただし、彼女にするには相手に特定あの相手(彼氏や夫)がいないかは事前に調べておくことが必要だ。それこそ、いらぬ修羅場に巻き込まれないリスクマネジメントと心得よ。

2.適度な距離感を保つ

適度な距離感

この相手との距離感を保つのが苦手なのは、男よりも女性に多い。先ほども書いたが、女性は共感の生き物である。

自分の気持ちに共感してくれることを喜び、共感してくれる=仲間と認識する傾向にある。そして、これまでの長い歴史の中で女性はコミュニティの中で情報を共有することで生活してきた。

これは、相手と自分を重ね合わせる「共感性」につながっている。君たちが相手の声を聞いて、共感することで女性は君たちとの距離を見誤ることがたびたびある。

そこで、メンズ側がしっかりと線引きをすることが「適度な距離感」のためには必要だ。

具体的には、相手に対し、君たちと連絡を取る方法・時間を決めておく、会う場所・待ち合わせ方を決めておくなど事前ルールが有効である。

仮に彼女がそのルールを破ってでも君と会おうとしていたら、それはスルーしてもかまわない。それが「線引きをする」ということだ。

ここで、なぁなぁに対応すると、彼女が君に、君が思っている以上に期待し依存することとなる。これでは、体の関係、性欲処理のつもりが要らぬ気遣いまでせねばならなくなり、関係を続けることが苦痛になるであろう。

3.相手の癒しになる

癒し

その一方で、彼女が弱っている時に手を差し伸べる優しさを見せるのは、関係を続けていくために有効である。

人一倍気を遣う女性に多いが、自分の弱っているところを周りに見せたくないと常に気を張っていることがある。

こうした女性は、自分の弱音をどこで吐けばいいかわからなくなっている。そこで、君が彼女を優しく抱きしめる。これだけでいい。

「どうした?」とか「いつもと違うね」などの言葉をかける必要はない。そうした言葉は彼氏のためにとっておけ。あくまでも君と彼女の関係は「セフレ」である。やはり、肌と肌が触れ合う関係が二人にはしっくりくるものだ。

ここで、相手から悩みや弱音が出てきたとしても、君はただ相槌を打つだけでいい。

こうすることで、彼女の中でも、「セフレ」という体だけの関係だが、君への信頼感を覚えるようになる。彼女に他に多くのセフレがいたとしても、君が特別になることができる。

結果として、君に「都合のいいセフレ」となってくれるので、彼女の癒しになることは大切だ。

だが、何度も言うが、「心を開いて僕に飛び込んでくるんだ」なんてウェルカムな癒しになる必要はない。

ただそこにいることが優しさ、という「癒し」が一番だ。オープンな癒しをしたいのなら、何度も言うが「彼女にする」ことを検討した方が健全的だろう。

4.手抜き間を悟られないようにする

ヒゲ ヒゲ脱毛

体の関係だけでいいのに、何やら要望が多いな。とうんざりしているメンズもいるだろうが、彼女たちだって自分の体をそこまで安く見積もってはない。

おざなりに対応する男との関係は容赦なく切ってくるので、関係づくりが面倒だというのなら「性」を商売にしている女性と付き合うのがいいだろう。

さて、最後は「手抜き感」であるが、これは先に書いたような「セフレのためにできるだけ手はかけたくない」と思っているメンズに対する項目だな。

男というのは、大切にしたいと思うもの以外にはドライになりがちだ。セフレはあくまで体の関係だから、愛も恋心もない。

これは十分にわかっているが、それでも相手は人形ではなく人間だ。相手にも心があることを忘れてはならない。

露骨に、パジャマのような服装や寝癖が付いたままの髪の毛、ヒゲの剃り残しがあるままなんて「手抜きルック」で会おうものなら、「あぁこの人は私を人形と思っているのね」と女性に思われ、二度と会ってくれないだろう。

例えセフレであっても「大切にされている」「一人の女性として扱われている」という印象は女性にとっては意味がある。ここがないと、セフレをする女性たちが可哀そうとも言える。

セフレの関係を続けたいのなら、最低限のマナーとして必要最低限の身なりは整えて女性と会うことを心がけよう。

それだけで、相手は「自分を女性として見てくれている」と感じることができる。何も、勝負服を着てこい、だとか、有名美容師に髪の毛を切ってもらえと言っているのではない。

外出できる服で、髪をくしで梳かし、ヒゲを剃る。これだけでいいのだ。特に、無精ヒゲが伸びているのは印象がかなり悪いので、少なくともヒゲの処理はしておきたいな。

セフレも本命も基本は同じ。如何に「相手の希望を叶えるか」が肝である

セフレ キープ

ここまで読んで、セフレをキープするのも、本命をキープするのも変わらない労力が必要なんじゃないか。そう思った君、正解だ。

そう、人と人の付き合いは多くの場合「面倒なこと」が多い。この面倒なことを嫌って、特定の相手を作りたくない、結婚したくなくというメンズは多い。

もし君が会社勤めをしているのだとしたら、聞きたい。どうしてスーツを着て行く?どうしてネクタイをする?それは誰かに強要されたのか?違うだろう。

周りが着ているから、付けているからスーツもネクタイもしているのであろう。これは、会社での関係を続けるための努力に他ならない。

正直、日本のこんな慣習なくなってもいいと思っている。だが、今の日本社会でそんなことをすれば、それだけで仕事ができないヤツというレッテルが貼られるので、独立志向がある人間以外はなかなかできないだろう。

そう、仕事での人間関係を続けるのにも同じような努力が必要なのだ。それを君たちは苦痛と感じるか?あまり苦痛とは感じていないだろう。

自分が必要だと思う人間関係を続けるための努力はそれほど苦にならない。反対に、自分には必要ないと思った瞬間に、その努力は苦痛となる。

君が、セフレが欲しい。セフレと長く関係を続けたいと思うのであれば、そのための多少の努力は苦にならないはずだ。

人間関係は基本的には「相手の望むことをする」「相手の希望を叶える」ことである。その範囲が、恋人なのかセフレなのか、仕事関係なのかで違うだけである。

どんな関係であれ、相手を疎かにする態度、出で立ちは「相手との関係を拒んでいる」と思われる行為である。

最低限の身だしなみ。これが相手に対する最低限の礼儀と思えば、毎日のヒゲ剃りも仕方ないと割り切れるだろう。それでもヒゲを剃るのも面倒だ、というのであれば、いっそヒゲ脱毛をしてしまえばその煩わしさからは解放されるぞ。

是非とも、気楽に、楽しくセフレとの関係を続けて欲しいものだ。

男も脱毛する時代!男も脱毛が受けられる脱毛屋BEST3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開している医療脱毛専門のメンズリゼだ。

メンズリゼは、男性専門の脱毛屋だ。だから、男性ならではの悩みを親身に聞いてもらえるだろう。そしてお前たちに合った最適なプランを教えてくれる。 

ヒゲととくに、生えてるところと生えてないところがある人もいるだろう。メンズリゼでは、ヒゲの生えてる面積が少ないメンズに向けたセレクトヒゲ脱毛プランがある。

セレクトヒゲ脱毛3部位74,800円(5回)だ。

全体的に気になるって人は、ヒゲ全体98,800円(5回)がおすすめだ。

元々リーズナブルな料金設定だが、月々3,000円から始められる定額プランも存在する。まとまったお金がない学生でも、バイト代で通えるな。

料金システム以外にも、手厚いアフターケアなど、かなり細かいところまでこだわったクリニックだ。

初診料、キャンセル料、剃毛料、硬毛化・増毛化のレーザー再照射料、レーザーの打ち漏れ再照射料、万が一の肌トラブル治療費、これらすべて無料だから、安心して通えると評判だ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第2位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックは、メンズリゼと同じ永久脱毛が受けられるクリニックだ。

一人一人の肌質、毛質、肌の色などを考慮して、適宜レーザーのパワーを微調整しながら施術を行ってくれるのが特徴。

料金は、平日11時〜15時のみ、ヒゲ3部位6回コース68,800円、ヒゲ全体が127,400円だ。
この時間帯以外は、+19,800円で同一のコースが受けられる。

脱毛以外にも美容治療も行っているから、脱毛のついでにアンチエイジングやスキンケアも検討してみるのも良いだろう。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com

第3位 湘南美容外科

湘南美容外科

惜しくも第3位にランクインしたのは、美容総合外科の湘南美容外科だ。

1位と2位と異なる点は、男性専門院ではないというところだ。異性の目が気になる場合は、男性専門院をおすすめする。

湘南美容外科はCMや雑誌などで見たことあるやつも多いと思うが、脱毛だけでも53万件の実績があるから、安心できると評判だ。

脱毛もリーズナブルな価格で受けられ、支払方法も様々だ。

一度カウンセリングだけ受けてみるのも良いだろう。

>>>http://www.s-b-c.net/lp/bodycare-mens2.html

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ハウツー 最新記事

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事