menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2018年09月12日

モテる男の初デートを成功させる簡単な3つのポイント

デートなくして恋人はなし。恋人なくして楽しい夜はない

初デート

君たちは女性からモテたいと常々考えていることだろう。それは男としての性である。

実際に、多くの女性からモテればモテるほど、君たちの種を多く残せる可能性が出てくる。ヒトも動物なので、本能的により多くの女性にモテようという意識が出てきてしまうのだ。

とはいえ、一方で人間は理性の動物とも言われる。だからこそ、恋人と二人の時間を楽しむことができるのだ。

本能的な楽しみよりも、こうした感情が伴う楽しみ方により満足度を見出す。それがヒトなのである。

では本能と理性どちらも満足させるためにはどうすればよいか。それは、狙った女性を初デートに誘い、恋人にすることだ。

特に、その最初のデート「初デート」は、今後の関係にも関わる重要なイベントだ。このイベントを成功させるために必要なことを紹介していく。

夜デートに誘う時の注意ポイント

初デートはお互いのことを知るために大切なイベントである。だが、初めて故に誘い方一つで初デートが実らない可能性も高い。

これを防ぐには、何よりも誘い方のミスをなくすことが大切になる。そのミスを防ぐために注意すべき3つのポイントがある。

1.雑に連絡を取らず、適度に密に連絡を取り合う

連絡 LINE

初デートに誘いたいという相手に対して、雑に連絡を取っていてはもはや目標を達成できる気配はみじんもない。

かと言って、反対に「デートに誘いたい」という気持ちが溢れすぎて、過度に連絡をし過ぎるのもよろしくない。

なので「適度に密」という頻度が一番となる。ちなみに、雑と捉えるのも、やりすぎと捉えるのも、君たちではなく受け取る側、つまり女性たちの感覚である。

だから、君たちが「これくらいは大丈夫」と思うラインが上過ぎたり、下過ぎたりすると女性からはどちらも「NG」と返事が出てしまう。だから、女性がいいと思うレベルを知ることも大切になってくる。

LINEでのやり取りで女性からメッセージが着たとき、どう答えるのがいいか。「既読スルー」は雑過ぎる。「スタンプ1個」も雑過ぎる、「うん(わかった)」でも短すぎる。

反対に多いのは、女性から一言のメッセージが来たのに、聞かれた以上の事を長文で返すパターンである。長文+回数が多いとなると、気持ちが引いてしまう女性が更に多くなる。

結果として、目安としては女性のメッセージに返す場合は、女性の文章よりも1文少なめを意識するといいだろう。5文構成できたのなら4文もしくは3文くらいが妥当ではなかろうか。

連絡をとるタイミングも重要だ。初デートへ誘ったはいいが、そこからLINEをしない。というのでは、連絡の間が空きすぎている。

これでは相手の初デートへの熱が下がるのを防ぐことができない。1日何回もメッセージを送る。これでは多すぎる。

ここでも空きすぎても密すぎることがない頻度を知っておく必要がある。彼女への返事ならば回数の限りではない。君たち自身が送るメッセージならば、週1回が目安ではんなかろうか。

2.初デートに誘うタイミングは会話のキャッチボールができてから

会話 キャッチボール

初デートに誘いたい気持ちが前に出すぎると、出会ってすぐにデートに誘ってしまうことがある。

これは知り合ってから日が経った後、気になる相手となって初デートに誘う時にも言える。つまり、「デートに誘いたい」と思ってから、誘うまでの期間が短すぎる場合だ。

この短い期間で誘ってしまうことの重要さは、実際にデートをしてみると痛感する。デート以外の時とデートの大きな違いは、2人の周りに人がいるか、それともいないかという点にある。

2人の周りに人がいれば、会話にその人が加わる可能性がある。しかし、デートならば例え知り合いとすれ違ったとしても、その人は会話に混ざってくることはない。2人の周りだけで会話が楽しめる、それが初デートというものだ。

だが、デートに誘うまでに「会話のキャッチボールができていない」と、2人で歩いていても球をなげるヤツもいなければ、それを拾って投げ返す人もいないという状況になる。

これは、非常に空気が重苦しくなる。その重苦しい気持ちがデートの感触になってしまい、デートの感想が「悪かった」「最悪」というものになる。

最低限でもお互いの共通点を見つけ、世間話ができるようなってからでないと、なかなか会話を続けることは難しいのである。

3.初デートに誘う場所は自分が慣れている店にする

デート 食事 レストラン

誘い方、誘うタイミングがわかったところ、肝心要な誘う場所の話しだ。

初デートでどこに行こう、と考えると多くの人がハマる落とし穴がある。それは「前々から自分も行きたかった場所」を選定しまうことだ。

折角のデートなのだから、彼女が喜んでくれることはもちろん、自分自身も楽しめるところがいいと考えると、こういう選択をしてしまう。

しかし、実は初デートで誘うべき場所は「自分が慣れている店」である。何故か。それは慣れている店の場合、それが飲食店だとしたら料理が出てくるタイミングが大体わかる。 

だから待ち時間が長いという場合には、「あと●分」でテーブルに届けてくれるよと彼女に伝えることができる。何かトラブルが起きた際にも、誰にいうべきか、どうすべきかがわかりやすい。

こうした「万が一」のときにスムーズに対応すると女性からの評価もあがる。

初デートはその次へのステップである。そこが最終目的地ではない。だからこそ、次につなげられるように、自分のアピールをすることも必要になってくる。

それができない誘い方は、なかなかおすすめしにくいのである。

初デートで気を付けるべき身だしなみ

初デート 身だしなみ

では、そこそこに連絡を取り合い、親しくなり、自分の行きつけの店にデートに行くことになった。誘い方は合格点を貰えたが、その次ステップ、つまり初デート中にも気を付けるポイントがある。

それは何か。ずばり「身だしなみ」である。初デートまでは直感的にありかなしか、で判断をされている。絶対無理と思う人以外はOKが出ることが多いのだ。

しかし、そこから初デート当日にステップアップすると見ているものが変わってくる。女性はここから「自分にとって恋愛対象となるか」「結婚できそうか」ということを判断し始める、その際に参考にするのが、君たちの「身だしなみ」である。

女性はイケメンが好きだが、それはイケメン=左右対称だからだ。左右対称の顔は、遺伝子が傷ついていないことを意味する。強い遺伝子を
次の世代に残すため、イケメンを選ぶ傾向にあるのだ。

しかし顔だけでイケメン=優れた遺伝子を計っているかといえばそうではない。「身だしなみ」でも、遺伝子の優劣を見ているのである。何故、身だしなみから遺伝子の優劣がわかるのか。

それは、「身だしなみを整える」=外から自分がどう見られているのかを意識し、そのために努力改善ができるからである。

相手に不快な思いをさせていると気づける遺伝子、そしてそれを改め、よくしようと努力できる遺伝子。これらができる遺伝子も、他より優れた遺伝子に違いない。だから、身だしなみが出来ている男を選ぶのである。

では整っている身だしなみとは、どんな姿を指すのかを紹介する。

それには「髪・ヒゲ・服装」の3つがある。

髪は、髪の毛と地肌、髪型が含まれる。髪の毛が野暮ったいと、全体のイメージも野暮ったくなる。そうではなく、トレンドの髪型を取り入れたり、フケなどでないよう頭皮を清潔に保っている方が身だしなみが整っていると言えよう。

ヒゲは男性のシンボルである。だが、ヒゲは剃り残しても、無精ヒゲが生えてきても、青ヒゲになってもNGなのでる。

しっかり処理した状態がキープできなければ、整った身だしなみにならない。きれいに処理するか、もしくは伸ばしているヒゲを整えるかの二択だ。

多くの男はヒゲを処理してしまう方を選ぶ。だがこの処理も大変なのだ。だから人によっては。そこで脱毛クリニックにいって永久脱毛をしてもらう人もいるのである。

服装は、ただ単純に洗ってあるだけが身だしなみではない。シャツであればアイロンがかかっているか、靴下に穴が開いていないか。そういうところまで見られている。

他の何回目のデートよりも、一番身だしなみをチェックされる初デートだからこそ、徹底した身だしなみチェックをして臨んで欲しい。

デートに誘えたら次のステップに移ろう

デート

初デートに誘うことができたら、次のステップにステップアップする必要がある。

それはずばり、女性が周りに紹介したくなる男になることだ。男もそうだが、恋人=自分のものと思う傾向にある。

これは、自分の所有物が素晴らしいとなったときに周りに自慢したくなるという気持ちを起こす。「自分にこんな彼女がいて……」と君たちが友人に言うように、女性側も「彼氏できたんだ」と友人に告白する。

しかし、彼の魅力にいまいちピンときていない女性の場合、敢えて友人に「恋人ができた」とは言わない。

ここで、「私の彼、すっごくかっこいんだよ」と言ってもらえる段階が、次のステップである。その土台となるのが、周りを考えた上で行う「身だしなみ」なのである。

初デートはおしゃれよりも清潔感!おすすめのヒゲ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開している男性医療脱毛専門のメンズリゼだ。

メンズリゼでは、医療機関でしか扱うことのできない医療レーザーを使用した永久脱毛が受けられる。

ヒゲ以外にも足や陰部など全身の脱毛が可能なクリニックだ。

ヒゲにおいて、生えている面積が少ないメンズにおすすめなのは、ヒゲ4部位の中から自由に組み合わせて脱毛できるセレクトヒゲ脱毛2部位56,800円(5回)と3部位74,800円(5回)。

ヒげ全体の脱毛は99,800円(5回)だ。

元々リーズナブルな料金設定だが、月々3,000円から始められる定額プランも存在する。

料金システム以外にも、手厚いアフターケアなど、かなり細かいところまでこだわったクリニックだ。

初診料、キャンセル料、剃毛料、硬毛化・増毛化のレーザー再照射料、レーザーの打ち漏れ再照射料、万が一の肌トラブル治療費、これらすべて無料だから、安心して通えると評判だ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第2位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックは、メンズリゼと同じ永久脱毛が受けられる医療機関だ。

一人一人の肌質、毛質、肌の色などを考慮して、適宜レーザーのパワーを微調整しながら施術を行ってくれるのが特徴。

料金は、平日11時〜15時のみ、ヒゲ3部位6回コース68,800円、ヒゲ全体が127,400円だ。
この時間帯以外は、+19,800円で同一のコースが受けられる。

脱毛以外にも美容治療も行っているから、脱毛のついでにアンチエイジングやスキンケアも検討してみるのも良いだろう。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com

第3位 湘南美容外科

湘南美容外科

惜しくも第3位にランクインしたのは、美容総合外科の湘南美容外科だ。

1位と2位と異なる点は、男性専門院ではないというところだ。異性の目が気になる場合は、男性専門院をおすすめする。

湘南美容外科はCMや雑誌などで見たことあるやつも多いと思うが、脱毛だけでも53万件の実績があるから、安心できると評判だ。

脱毛もリーズナブルな価格で受けられ、支払方法も様々だ。

一度カウンセリングだけ受けてみるのも良いだろう。

>>>http://www.s-b-c.net/lp/bodycare-mens2.html

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

毛深い男は情が厚いなんて慰めの言葉は聞き流せ 2017年2月16日 モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

愛知はメンズ脱毛の先進地って知っていたか? 2015年11月24日 脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ハウツー 最新記事

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事