menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2018年03月12日

彼女のハートを掴む、エイプリルフールのモテる嘘のつき方

2018年のエイプリルフールはデートに最適な日曜日

エイプリルフール
1月は「行き」、2月は「逃げ」、3月は「去る」と言われる。

日本では年度末になることもあり、仕事や行事に追われ時間がどんどん過ぎていくという意味だ。気づけば、そろそろ春の兆しも見え始めている。

そんな慌ただしい年度末が過ぎれば、新しい年度が始まる。今年は2018年度、平成30年度だ。その記念すべき初日は4月1日。

この日は日本では「わたぬき」と言われ、冬布団から綿を抜く日。つまり春になる日となっている。だが、現代の日本では「わたぬき」よりもエイプリルフールと言ったがほうが4月1日をイメージしやすいかもしれない。

エイプリルフールと言えば「嘘をついていい日」だ。もう少し詳しく言えば、4月1日の午前中につく、軽いいたずらや嘘は許されるという風習である。

由来は諸説あるようだ。その中でよく知られているのが、フランスの新年に関するものだろう。フランスでは4月1日に新年が始まっていた。

だが、1564年時の国王・シャルル9世が「グレゴリオ暦」を採用。これにより1月1日が新年となった。このグレゴリオ暦に反発した人々が、4月1日は「嘘の新年だ」とバカ騒ぎをした。

これがエイプリル(4月)フール(馬鹿)の由来とするものだ。その他にもインド由来説、古代神話説などがある。

ここ数年はネットが普及したこともあり、インターネット上で企業などが1日限定の「嘘」を公開するパターンが多い。

恐らくその企業がしている「人を楽しませる」「ジョークにできる」という嘘が、エイプリルフールに求められているもののはずだ。

今回は、君たちが彼女たちを楽しませ、かつ笑ってもらえる「嘘」を伝授しよう。おあつらえ向きに、2018年のエイプリルフールは日曜日だ。

ぜひ、この記事を読んでエイプリルフールデートを楽しんで欲しい。

エイプリルフールデートは準備が肝心

デート 準備
デートの最終目的は、彼女が君にメロメロになることだ。これはエイプリルフールデートでも同じ。その為には、彼女が喜ぶことをリサーチするのが大前提となる。

彼女は何が好きか、どんなことを好むのか。そうした彼女の好みを把握することは、デートはもちろんのこと二人の仲を進展させ、関係を長続きさせることに大いに役立つ。

エイプリルフールデートの場合では、彼女の好みに驚く要素をプラスしたデートプランを考える必要がある。

デートなので基本要素としては「食事」「ホテル」となるが、ここにエイプリルフールならではの「プレゼント」を加える。

これら3つの要素で彼女の好みを反映させていくのである。同時に、嘘のつき方も考えておこう。ここで「嘘」込みで考えておかないと、当日上手いこと演出できなくなる。

例えば、彼女が喜ぶ雰囲気のあるレストランへの布石を考えてみよう。

基本デート時にはプランを立て、行く店の予約を取っておくタイプの場合。几帳面タイプの君は、エイプリルフールには「何も用意していない」「考えていない」「予約していない」というスタンスで参加しよう。

「ごめん、今日は店の予約できてないんだ」と言っておきながら、雰囲気のあるいいレストランに案内する。

「あれ?予約していないんじゃなかったの?」という彼女に、「だって今日はエイプリルフールだろ?」とクールにキメる。これだろう。

予約したりしなかったり、というタイプの場合。適度にゆるい君は、自作自演をしよう。どういうことかと言えば、彼女と話題のレストラン(事前に予約を取っている)の話をする。

君が「一度は行ってみたいね」と言って、彼女が「そうだね」と同意したのを見計らって、「じゃあ、今日行けるかお店に聞いてみよう」と君は店に電話をかける。実はこの電話はふりで、実際にはかけていない。

そのダミー電話で、「もしもし、今日の夜そちらに予約って取れますか?あ、そうですか。予約でいっぱいですか……。ありがとうございます」と予約がとれなかったことを彼女にアピールする。これでOK。

後は、君が予約を取った時間に店に行けばサプライズ成功である。彼女は、断られたはずの店で食事ができるので、普通に店に行くよりも嬉しさが倍増しているはずだ。

人というのは、無理だと言われると余計にそれが気になる、欲しくなる生き物だからな。

プレゼントの布石はどうなるか。

エイプリルフールデートには「プレゼント要素」がある、と先ほど書いた。これは日ごろ言えない気持ちを「嘘」で紛らわすことができるというメリットがあるからだ。

日本人の男はシャイボーイが多い。もっと自分の気持ちを前面に出してもいいのだが、まぁそれが日本人の美徳だという見方もある。

自分の気持ちを表すのが苦手、という男は多い。そこで「嘘をつける日」エイプリルフールだ。照れくささを嘘で紛らわせば、いつもは言えない気持ちも相手に伝えることができる。

例えば、彼女に似合う指輪を贈ろうと思っている場合。

指輪 サプライズ プレゼント
「この中に石が入っているんだけど、二人で握って魔法の言葉をかけると二人の気持ちを表した形になるんだって」と言いながら、指輪の入った袋などを彼女に握らせる。

君は彼女の手を握る形で手をかけ、「じゃあ、今から魔法の言葉をかけるよ」と、魔法に聞こえる言葉をぼそぼそ言う。

「じゃあ、中見てみようよ」と彼女を促し、指輪が出てきたところで、「いつもありがとう。感謝の気持ち」と言って、彼女に指輪をはめてあげる。指輪ならこんな流れがいけるだろう。

他にも、実際にあったパターンでは、「BMWをプレゼントするよ」という彼氏の言葉に、彼女は「エイプリルフールだし、嘘だろう」と思ったが、本当にプレゼントされたというものだ。

誰が聞いても、「それは嘘だろう」と思うプレゼントを贈るというのが一つのパターンである。かなり高価なもの、もしくは入手困難なものの場合に通用する。

彼女が何かのコレクターであり、欲しがっていたアイテムがあるのならば試してみてもいいだろう。

そうしたプレゼントが思い浮かばないという場合には、「エイプリルフールって元々相手に感謝を伝える日だったらしいよ」と嘘をつき、彼女が「そうなの?知らなかった」と驚いた時点でネタバレする。

「っていうのは嘘だけど、いつもありがとう。愛しているよ」と。

下手なプレゼントよりも、相手を喜ばせることができるかもしれない。最も、女性と言うのは現金なところがあるので、やはりどんな形であれプレゼントがある方が笑顔になってくれるがな。

そして最後はホテルである。このホテルでも嘘を……とはならない。やはり、エイプリルフールデートの最後は嘘をつかず、彼女をホテルにエスコートしよう。

もちろん、そこに夜景がきれいなホテル、部屋を予約するというサプライズがあってもいい。

エイプリルフールデート当日は嘘みたいな感動を与えよう

デート 感動
大体準備がしっかりできていれば、デート当日は自信を持って臨んで欲しい。そつなく、確実に計画を実行していくのだ。

とは言いつつ、当日になってしまえば”エイプリルフール”という日を2人で楽しむ、というのが一番大切になってくる。途中で嘘がバレたとしても、彼女は君の思いに感動してくれるはずである。

昨年の暮れに亡くなった野村沙知代さん。夫である野村克也氏は彼女との出会い、結婚について、スポーツ報知でこう語っている。

出会ってから聞いた過去の経歴や家庭環境などはの「履歴は100%嘘でした。俺に全部嘘を言っていた」と。

嘘をつく彼女とどうして結婚したのか。それは「嘘をついてでも俺をゲットしたい。そういう愛情の変換だった」と思ったからだという。

エイプリルフールは嘘をついても許される日ではあるが、そういう日だからという理由を差し置いても、きっと彼女のために嘘を考えた君の思いに彼女は応えてくれるだろう。

レストランでサプライズをして、プレゼントで感動させて。あぁ、やれやれと気を抜いてはいけない。

その後には、君たちが大好きな大人の時間が待っているのだから。この大人の時間をしっかり迎えられるまで、しっかりと彼女をエスコートして欲しい。

彼女の中では、レストラン<プレゼント<ホテルと期待はどんどんふくらんでいるはずである。

デートの最後、ホテルで有終の美を飾られるかどうか。ここでエイプリルフールデートの真偽が問われるのだ。だが、この最後のホテルでヘマをしてしまうパターンが多い。

何故なら、デート前にしっかり準備をしておかねばならないのを、デートのリサーチで疎かにしてしまうことが多々あるからだ。

その場になって、準備していなかったことに気づいても後の祭り。そこで繕うのは難しい。

「大人の時間」に嘘は通用しない

メンズ脱毛
嘘の通用しない大人の時間。そこでどんな「不測の事態」が起きるのか。それは、レストランから盛り上げてきた甘いムードをぶち壊してしまう事態である。

ホテルに入ってベッドイン。この時、君たちは服を脱ぎ気づくのだ。自分の履いたくたびれた下着に。

彼女を見れば、明らかにこの日のために身に着けてきてくれた上下そろいのランジェリー。これでは彼女がビミョーな表情になっても、誰も攻めることはできない。

やはり、最後ホテルまで行くことを見越して、下着も気合の入ったものを選んでおく必要がある。

下着は暗いから何とかスルーできたとしても、その次の最大難関が待っている。そう、自分の体である。

別段、痩せている太っているは大きな問題にならない。彼女は君の体型については知っているからな。そうではなくて、ムダ毛が問題なのだ。

伸びかけのヒゲ、生えっぱなしのわき毛や胸毛、ギャランドゥ。どこまでが足の毛で、どこまでが尻の毛かわからない毛……。

それを「ワイルドだろ?」と言えるか?言ってもいいが、女性にはとうてい通用しない。何故なら、多くの女性にとってムダ毛は不衛生なものであるからだ。

毛はしっかり処理しておいて欲しい。それが女性の飾らない声である。

君のヒゲや手足、陰部の毛が彼女に当たる。この時、彼女は甘い夢見るモードから現実へと引き戻される。そしてセックスに夢中になれなくなってしまうのだ。

彼女を気持ちよくさせるのも男の使命である。そのために、彼女を不快な思いにさせる全身のムダ毛は事前に処理しておくべきだ。

自己ケアができないのであれば、メンズ脱毛をしてみるのも手だろう。自分では手が届かない場所も綺麗に処理してくれるし、程よい毛量へと調整もしてくれる。

ただムダ毛をゼロにすればいいというものでもないから、プロに任せれば失敗がなく安心だ。

彼女をメロメロにしたいという君たちの思いを叶えるためには、ムダ毛の処理は一も二もなく重要なポイントとなるので、準備段階で忘れずにしておいてくれ。

”そのムダ毛も嘘だと言ってよ”とならないために!
ジョリジョリーノがおすすめするメンズ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開している男性脱毛専門のメンズリゼだ。

ノンスタイルの井上と石田がCMに出演していることでも有名だな。

メンズリゼでは、ヒゲだけでなく胸毛やギャランドゥ、デリケートゾーンなど全身のありとあらゆる部位の永久脱毛が受けられる。

男性専門院だから、デリケートな部分を脱毛する場合でも男性スタッフが担当してくれることで恥ずかしさも軽減されるだろう。

メンズリゼでは、無料保証を設けていて、キャンセル料・カウンセリング料・剃毛代・再診料・万が一の肌トラブルの際の処置料はすべて無料

忙しいメンズだと、当日仕事が長引いて行けなくなったなんてこともあるだろ?そんなときでも安心だ。

メンズリゼの全身脱毛なら、298,000円(5回)で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位は脱毛サロンのRINX

日本初となる医師監修のメンズ脱毛サロンで、脱毛器メーカーとの共同開発によるオリジナル脱毛機を使用。

エステ脱毛は医療レーザーよりも出力が弱いため、痛みが少ないのが特徴。

エステサロンだと入会金やコースの加入を勧められるが、RINXでは入会金やコースの加入などは一切不要だ。

全身脱毛は4回コースは、315,000円で受けられるが、万が一、4回で満足がいかなかった場合は、無期限で何回でも80%OFFで受けられる保証つきだ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、ゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックは、メンズのスキンケアや薄毛治療にも力を入れている、男性専門の総合美容クリニックだ。

ホリエモンや多くのお笑い芸人がゴリラクリニックへ通っていることでも有名だな。

芸人が脱毛を体験リポートをしている動画があり、施術の流れや実際得た効果も確かめることができるから、脱毛初心者も安心感がある。

ゴリラクリニックの全身脱毛5回コースは570,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

一流の男を目指すなら、プロの手を借りろ 2017年4月3日 モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

イベント 最新記事

イベント 部位別ランキング

イベント お得ランキング

イベント その他ランキング

イベント 脱毛クリニック

イベント 脱毛エステサロン

イベント 部位別ランキング

イベント お得ランキング

イベント その他ランキング

イベント 脱毛クリニック

イベント 脱毛エステサロン

カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事