最終更新日:2019年06月17日

モテたいならブラマヨ吉田を反面教師にすべきたった一つの理由

しゃべくり漫才で世間の心をわしづかみするブラマヨ


出典元:https://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/thetv-173716.html

1998年に結成し、2002年に「上方漫才大賞」の新人賞を受賞、2005年にM-1グランプリで見事王者に輝いた漫才コンビといえば、言わずと知れたブラックマヨネーズだ。

京都市出身の小杉竜一、吉田敬のコンビである。
二人の芸風といえば、「しゃべくり漫才」だ。ブラックマヨネーズは「正統派漫才」とも言われる話芸のみで観客を笑わせる手法で人気を博している。

ビートたけしや島田紳助など芸人界の大御所、木村拓哉をはじめとする俳優陣からの支持も厚く、「ブラマヨが出ていると安心してみていられる」と言われるほどである。

世間からの評判も上々で、M-1グランプリで優勝した後に徐々に知名度が広がり、今では地元関西だけでなく全国区で活躍を見せている。時間的にはレアなパターンになるが、バイキングでは月曜レギュラーで出演しているので、この番組で見るというメンズもいることだろう。

今回は、そんなブラマヨにスポットを当てて「モテる男」について考えていこう。

ボケにして見た目も芸人として美味しいブラマヨ吉田の魅力


出典元:https://thetv.jp/news/detail/41787/218184/

お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」について語るとき、小杉・吉田のどちらか、ではなくやはり二人セットで語られることが多い。

だが、今回話題にしたいのは「吉田」のほうである。小杉に比べるとやや癖の強い吉田を好きだ、という女性ファンも多い。

吉田の筋が通っているように見えるボケは、観客に「そうかも」と思わせる力強さがある。その秀逸なボケと共に吉田の魅力、というか特徴といえば、やはりそのブツブツだろう。

女性ファンをつけようと思えば、やはり見た目はかなり重要になってくる。不細工よりもイケメンがモテる、人気が出るのは芸人だって同じである。チュートリアルの徳井に女性ファンが多いのも、彼のルックスによるところが大きい。

だが、芸人というのは「お笑い」を売りにしているだけあり、たとえ不細工でも突っ切っていれば人気が出る業界なのだ。

彼らが所属する吉本興業では、所属する芸人の「男前・ブサイクランキング」を2000年から公表している。それによると、吉田は、2002年から2012年まで実に10年に渡りTOP5にノミネートされている。

ブツブツのおかげで多くの観客に(例えブサイクという名目であっても)認知され、更に書籍を出版できたのであるから、ある意味役得といえる。

でも、吉田はモテない。それはセコくて、ブツブツだから、だけが理由じゃない


出典元:https://i1.wp.com/geinoumaruhi.com/wpcontent/
uploads/2015/05/22105631.jpg

だが、吉田はモテなかった。M-1で優勝しまいが、していようがモテなかった。

今でこそ、結婚し、子供もいる彼ではあるが、正直モテからは程遠い人生を歩んできていた。その理由はやはりブツブツか?と思うが、実は違う。では、吉田がセコいからか?とも思うが、それも違う。

ここで、最近、芸人の間でブームになっていることを紹介しよう。それはムダ毛の処理だ。

お笑い芸人とムダ毛の処理、この二つはつながるようでなかなかつながらないかもしれない。それもそのはず。基本的に、漫才やコントを生業としているのが芸人であるのに、ムダ毛の処理など、一体どんな意味があるのだ。こう考えるのが至極当然だろう。先ほど、見た目の悪さだって有利に働くのが芸人なんだ、と言ったばかりだしな。

だが、昨今の芸人というのは「お笑い」だけをしているパターンは少ない。それよりも、ドラマやバラエティ、ニュースなどさまざまな番組でお茶の間をにぎやかにさせることが多い。よりマルチな活躍を期待される立場にある。

ということは、お笑いに興味がある、好きだと思っていない視聴者の前にも姿を現さねばならない。そうなると、最低限のマナーとして行っている不快感を与えないための身だしなみがある。これが芸人にも求められる時代となっている。

だからこそ、「脱毛をする」という清潔感、身だしなみのための行動も受け入れられるのである。その脱毛ブームの芸人界にあって、吉田という男は何とも残念な選択を取っている。その残念な選択が、彼の非モテの根本原因といってもいいだろう。

芸人の間では、腕や足など比較的露出しやすい箇所から脱毛を始めるパターンが目立つ。だが、より深刻な毛の悩みになると、VIOの処理も脱毛で行ってしまう芸人も多くいる。一般的な感覚から言えば、VIOの処理も身だしなみ、エチケットのためにはするべきだ、というのが主流となってきた。芸人の間でも、若手を中心にVIOの処理にも前向きな考え方が広がる。

そこで件の吉田である。彼もまた「VIOを処理する」という考えは持っている。これは大いに評価されるべき点であろう。問題はその方法である。なんと、吉田はVIOを自己処理している、というのである。自己処理でもいいのではないか。もしそう感じた、思ったメンズがいるとすれば、君たちは吉田と同じ非モテ男である可能性がある。

自己処理のリスクについてはこれまで多くの皮膚科医をはじめとする肌、脱毛の専門家が語ってきた。

自己処理にはシェーバーや毛抜き、除毛クリームによる方法がある。これらの方法はどれも肌への負担が大きい。しかも、大変残念なことが、自己処理を行うと毛の長さや生え方にばらつきが出てきてしまう。すると、どうしても見た目がよろしくない。いや、女性目線から言えば「汚い」となってしまうのである。

せっかく、身だしなみのために、また衛生面のために処理をしているというのに、ばらつきのあるVIOでは見た目も良くなく、においや雑菌も湧きやすい環境となってしまう。肌に負担をかけてこれでは本末転倒ではないか。

吉田はかつて自分自身の考えで、ニキビを怪しげな機器でつぶしあの凸凹肌になった経験を持っている。

ここでまたVIOを自己処理するという間違った選択を行うことで、更なる悲劇を生む可能性があるのだ。

吉田がモテない本当の理由は、本来すべき正しい選択を自分自身の思い込みでできない。この点に尽きる。

清潔感のあるVIOで人気の芸人よりモテる男になれる


出典元:https://thetv.jp/news/detail/41787/218184/

では、どうすればいいのか。答えは明白だ。そう、自身の思い込みではなく周りの意見、特にプロの言葉に耳を傾けることである。

その上で、すべき選択を行えるか。これがモテる男、いやこれからの社会を生き抜く男には必要なスキルだ。

先ほどのVIOの処理にしても、自己処理でどうこうするのを考えるよりは、脱毛できれいに整えられた方が完成度も高く、また清潔感も出る。

脱毛による肌への負担が気になるメンズもいるかもしれないが、肌のことを考えられた機器を使い脱毛が行われ、更にアフターフォローもあるため自己処理よりも肌への負担が少ない。

更に、毛のサイクル、毛質、肌質も考えられ施術を行うため、結果として肌のきめが整った状態(美肌)になるケースが多い。

男であるからこそ、VIOを他人任せにするのではなく自身の大切な部分、人生の大切な選択と考え、正しい処理方法を選ぶこと。

これが、吉田が我々に教えてくれるモテるための秘策なのである。

芸人よりモテたければまずは脱毛!おすすめのメンズ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼは医療機関であるため、永久脱毛が受けられる。

メンズリゼのおすすめプランは、ヒゲ4部位の中から気になる部位だけを自由に組み合わせて永久脱毛できるセレクトヒゲ脱毛3部位74,800円(5回)だ。

デリケートゾーン脱毛セットは98,800円(5回)で受けられる。もちろん、適度に毛を残すことも可能だ。毛量の調節はスタッフに任せておくといい。

プランが魅力的なのはもちろん、料金も良心的だ。コース料金以外に追加料金がかかるなんてことはメンズリゼでは一切ない。

安いだけじゃない魅力がたくさんあるよな。まずは、無料カウンセリングへ行ってみてくれ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

泣く泣く2位となってしまったRINXと1位の差は永久脱毛でないことだ。しかし、RINXでも通い続けることできれいな状態を維持できる。

RINXのVIO脱毛プランは、部位が4部位に細分化されているから、本当に脱毛したい部位だけをピンポイントに脱毛できるんだ。
無駄な出費がないからお得に脱毛できるぜ。

各部位4回保証パス46,000円で受けることが可能だ。

しかもRINXでは、オリジナルの男性専用脱毛マシンを開発しているから、男性の様々なムダ毛の悩みにも対応。ありがたいよな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック


第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

メンズリゼと同じ永久脱毛を扱っているクリニックだ。

ゴリラクリニックで最もニーズが多いのはヒゲ。平日11時〜15時のみ、ヒゲ3部位6回コース68,800円受けられる。
時間外でも、+19,800円で脱毛してくれるから安心しろ。

VIO脱毛セットは5回コース140,000円で受けられる。

まずは24時間受付可能なWeb予約で、無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

「彼女が部屋に来る」その日の明暗を分けるもの 2017年6月5日 モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング