menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年11月06日

手軽に本格スポーツが楽しめるフットサルで、スポーツラブをゲットする方法

スポーツをする男はモテる。それはDNAレベルの識別センサーが働くから

スポーツ

秋はスポーツに打ち込みやすい季節だ。夏ほど暑くなく、冬ほど寒くない。少し体を動かせば汗ばんでくるが、秋の涼しい空気が体の熱を奪ってくれるので続けての活動が可能なのだ。

スポーツをする男というのはモテる。何故、スポーツをする男がモテるのかといえば、生物として優秀だからである。

今ではスポーツと呼ばれるものでも、そのルーツをたどれば狩猟時代の狩猟のスキルだし、戦いにおける戦い方だ。

そうした身体的能力が高いというのは、優れたDNAを持っているということであり、女性にとってはDNAレベルで「いい男」という識別センサーが働くのである。

スポーツ選手というのは今も昔も女性からモテる。これは先ほどの生き物として優秀という面もあるが、見た目でもかっこいいからだ。

体を定期的に動かしていると余分な脂肪が付きにくく、また必要な筋肉はしっかりついているので体型がいい。俊敏性と持久力に優れた体は、男から見ても惚れ惚れするものがある。女性からしてみればより顕著にそれを感じることだろう。

これに更にプロ選手となれば、モテ度はエスカレートする。それはプロのスポーツ選手を応援するうちに、自分が彼を育てているという優越感が生まれるからだ。

ここから言えることは、スポーツをするだけでもモテるための下準備がでているが、それに女性たちの本能的な何かをくすぐってあげれば相乗効果でモテるようになるってわけだ。

都心部でも大人気のフットサル&マラソンは押さえておきたい必須スポーツ

フットサル サッカー

実際にスポーツを始めようと思ったとき、都市部では思ったようにスポーツができないことも多い。それは土地が限られていること、団体競技であれそれぞれが忙しいため人集めが困難であることが原因だ。

だからこそ、できるスポーツは限られているのでそのスポーツを外さずに取り組んで欲しい。都心部でもできるスポーツといえば、マラソンが代表格だ。

特別な道具が必要ないため、すぐに参加することができる。ここ数年で着替えができる場所も多くなり、より身近なスポーツをとなってきた。

そのマラソンと並ぶのが「フットサル」である。フットサルというとサッカーに似たスポーツという認識だろう。その認識はあながち間違っていない。

実際、フットサルとサッカーではルールがよく似ている。ボールは足で蹴らねばならないし、手を使っていいのはゴールキーパーのみ。この辺りはサッカーと同じだ。

しかし、使用するボールはサッカーのボールとは違い重い。これはフットサルがサッカーよりも小さなピッチで行われるため、バウンドしにくいものになっているためだ。加えて、サッカーは時々ある接触プレーに関しても違いがある。

サッカーではある程度の接触プレーが許されている。しかし、フットサルでは接触プレーは原則禁止となっている。このことから、サッカーよりも安心して参加できるスポーツと言える。

サッカーが11人制になのに対し、フットサルは5人制であるので当然ボールを蹴る時間、チャンスも多く与えられている。同じくシュートも誰でも行うことができる。

11人ではなく5人であることから、人数を集めやすいというのもフットサルの魅力の一つだろう。こうした魅力から、ここ数年女性のフットサルプレー者が増えているのが現状だ。

サッカーだと体力的にも技術的にもしんどい、という男がフットサルをしているケースもある。また元々フットサルが好きで……という人もいる。

女性に人気と少し触れたが、女性人気を支えているのはルールだけではない。サッカーよりも狭い敷地でできるため、都市部でも施設を設けやすい。

このことからフットサルができる環境が整っている点。カラフルなものからデザイン性のあるものまでウェアが充実している。このことは、オシャレ好きな女性の心を刺激しているようだ。

基本ルールはサッカーと同じだから、ルールを理解しやすい。そのため、スポーツ初心者でも始めやすい。こうしたポイントも女性がフットサルをしている理由を下支えしている。

フットサルをメインでしているのは20代、30代の男であるが、実は年齢や性別の垣根を越えて楽しめるスポーツの一つでもある。10代やシニアのチームもできているし、当然女性チームも数多く存在している。

フットサル教室では、レディースディがあったり、女性向けに特別教室を設けていいたりするので、結果的により多くの女性が参加することになっている。

フットサルでモテるために気を付けたい3つのポイント

モテる フットサル 方法

そういったこともあり、フットサルをしていると女性との出会いや接触が多くなる。また一緒に楽しめるスポーツということもあり、フットサルを通じてカップルが生まれることは多々あるのだ。

つまり、だ。モテたい、と思っている君たちにとっては、マラソンよりもフットサルの方が出会いが多いと言える。

もちろん、マラソンにだって出会いはあるが、接触はあまり期待できない。その点、フットサルはボールの受け渡しやパス、また柔軟体操などで接触するチャンスが多い。

加えて、フットサルをプレーする姿を間近に女性にアピールできるのでオスとしての魅力アピールもしやすい。

フットサルというのは、モテるためにかなり理に適ったスポーツということができる。そんなモテチャンスの多いフットサルだからこそ、確実にカップル成立もしくはベッドインまでの仲につなげていきたいところだ。

そのためには3つの気を付けるべきポイントがある。

服装

ユニフォーム ジャージ ウェア

服装から説明していこう。フットサルの試合でもなければ、特に服装に縛りはない。縛りはないが、ジーンズでするスポーツではない。

狭いと言えども、長さ40m、幅20mのピッチをチーム5人で攻めたり守ったりせねばならないのだ。1人が担当する広さはサッカーに匹敵、動きの多さはサッカーを上回る。

動きやすい服装、というのは当たり前の選択だろう。スポーツ用品店で購入できるウェアが、通気性、吸水性を考えても理想だが、お金をかけたくないならTシャツでもOKだ。

下はジャージでもOKだが、少し気どりたいならサッカーパンツだろう。ハーフパンツで、その下にスパッツを履くこともある。サッカーパンツの場合は、ひざ下まであるソックスもセットでそろえておきたい。

体力

体力 筋トレ

体力はなければスポーツは難しいという基礎体力を言う。先ほど書いたが、フットサルは運動量が多いスポーツだ。

走れない、では戦力になれず、女性にもクールなプレー姿を見せることができない。

守備、攻撃ともに、ピッチを走る回るだけの体力が基本となるので、フットサルを始めるのであれば普段から筋トレや走り込みなどで体力強化をしておきたい。

筋トレでは脚の筋力を上げるため、スクワットを中心に背筋、腹筋を鍛えることで下半身強化が狙える。

走り込みは、持久力もさることながら短距離での瞬発力も必要となるので50mダッシュを繰り返し行うのがいいだろう。50mダッシュならば家の前でもできるので、毎日行うことも可能だ。

どこかに赴いて練習となると、練習の足が遠のく可能性が出てくるからな。

脚のムダ毛

メンズ脱毛 すね毛

最後の脚のムダ毛は、フットサルをする男。その中でもモテたい男は最も気を付けておきたいポイントだ。

別に多少服がダサくても、体力に劣っていても、その内結果が付いてくる。しかし、ムダ毛はそのうち結果は付いてこない。初めの印象が全てだ。

何故なら、男にとって(女性から見たら)ムダ毛はムダ毛ではないからだ。だから、初めてムダ毛がある状態であれば、そのまま継続してムダ毛ありの状態が続くのである。だから、最初が肝心、というわけでだ。

そして、何故脚のムダ毛かといえば、先ほど服装の部分で触れたが、服装の下がサッカーパンツだった場合ハーフパンツが基本だからだ。そう、ハーフパンツだとすねが全露出した状態になる。

もちろん、ひざ下まであるソックスを履いていればもろ出しは防げる。しかし、だ。ハーフパンツは裾周りが大きく開いている。そのため、動くたびに太もも部分の毛が見えてしまうことになるのだ。

すね毛はセーフでももも毛で結局はNGを食らうことになる。折角、爽やかにプレーする姿をアピールすのであればすね毛、もも毛の処理を怠らないようにしよう。

更に言えば、サッカー選手の多くは脚の毛を処理している。これは万が一ケガをした際、テーピングをする場合に毛が邪魔になるからだ。

またケガを防ぐ場合にもテーピングが用いられるが、その際もムダ毛がある状態だと貼りつきが悪くなり、プレー中に剥がれる原因となる。

結果として、いいプレーの妨げとなるのでやっぱり脚のムダ毛は処理しておくべきなのである。プロの選手はカミソリやシェーバーで剃ってしまうことも多いようだが、モテたいと思う君たちの場合はカミソリやシェーバーでの処理ではなく脱毛という方法もいいだろう。

脱毛であれば、全剃りから毛量減らすまで好みで選ぶことができる。また一度処理しておけば、そのあとは自己処理の必要がなくなるのでどんなスポーツをするにしても、困ることがなくなる。

女性と一緒にできるスポーツというのはありそうであまりない。その中の貴重な一つであるフットサルで、女性といい仲になるために3つのポイントを外さないようにして欲しい。

やっぱりスポーツ男子はモテる、という”常識”を作るのは君だ

スポーツ男子

スポーツや運動をする姿というのは女性に好ましく映るものだ。

しかしながら、いくらスポーツをしていようが女性に見向きもされない男も存在する。君たちがスポーツを始めたとしてもそんな結果になって欲しくはない。

どうせスポーツを始めるのであれば、それによりモテ期発生、となる方が好ましい。

そのためには、女性から好ましいと思える出で立ちをすることが基本だ。まずは女性の目に映ること、これが大切なのである。そこを無視して、ただプレーに熱中したとしても、アウトオブ眼中はアウトオブのまま終わってしまう。

そうではなく、まず「好ましいもの」として目に映る努力をし、その上でプレーする姿を見せるのである。そうすれば、スポーツラブは発生しやすい。

スポーツをしている男はやっぱりモテる。それを「常識」にするのは、君たち一人ひとりの努力にかかっているのである。

モテたいメンズ必見!
ジョリジョリーノがおすすめの脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開しているメンズ脱毛専門のメンズリゼだ。

永久脱毛をしたいのならメンズリゼがおすすめ。
口コミ評価が高く、症例数も多いのでメンズ脱毛初心者も始めやすい。
メンズリゼのおすすめポイントは、効果はもちろんだが、豊富な無料保証制度が完備されている。
例えば、他の院では別途料金がかかってしまうキャンセル料、カウンセリング料・剃毛代・処置料・再診料など、メンズリゼでは全て無料だ。
メンズリゼでは、ひざ下単体だけよりも太もも・ひざ下・足の甲と指が含まれている、足全体セットプランの119,800円がお得なのでおすすめする。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINXだ。

全国展開している大手メンズサロン。名前を聞いたことあるやつもいるんじゃないか?
RINXでは、1部位づつの契約になり、すね毛脱毛4回コース46,000円で受けられるが、どうせならひざ下だけよりも、足全体を脱毛することをおすすめする。
その場合、太もも4回コース+46,000円、足の甲4回コース+15,200円、足の指4回コース+10,500円で足全体の脱毛をしてもらえるぞ。
足の指の毛がなくなると蒸れなくて快適だぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックは、メンズリゼと同じ永久脱毛が受けられるクリニックだ。
芸人やスポーツ選手など、多くの有名人も通っている。
ゴリラクリニックでは痛みが苦手なメンズのために1回3000円で痛みを軽減する麻酔を用意してくれる。
だから、痛みが心配なやつも安心だ。
ゴリラクリニックのすね毛(ひざ下)脱毛5回コースは108,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ハウツー 最新記事

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

ハウツー 部位別ランキング

ハウツー お得ランキング

ハウツー その他ランキング

ハウツー 脱毛クリニック

ハウツー 脱毛エステサロン

カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事