最終更新日:2020年02月14日

モテるための「土台づくり」を美容芸人のニューエイジ・レインボー池田から学ぶ

1.多趣味&マルチな才能の持ち主・レインボーの池田直人

出典元:https://hope-ashina.amebaownd.com/posts/6007617
毎年多くの芸人がデビューし、そして短い期間で新しい芸人、新しい芸人と変わっていく。そうした中で、ひと際個性を放っているコンビがある。それが「レインボー」である。

レインボーは、ジャンボたかおと池田直人の二人で結成されている。結成は2016年なので、まだまだ成長の余地あり、なコンビである。

実際、テレビへの出演はそれほど多くない。にも関わらず、じわじわと人気を高めている。では、彼らはどこでファンを獲得しているのか。

それは、ヨシモト∞ホールでのライブとYoutubeである。Youtubeは自分たちの魅力を好きなだけ、好きな角度から発信できるのであるから、個性が強い人により有利なメディアとなる。レインボーは正にYoutube向けのコンビである。

何故なら、ジャンボたかおも池田直人も実に個性的で、一筋縄ではいかないクセがある人間だからだ。ジャンボたかおは、カラオケがうまく、漫画について語れ、料理も上手いという、彼氏にしたら面白そう、と女性から思われそうな要素を持ち合わせている。

相方の池田直人は、まず「女装」。これであろう。コントでは、そのネタに登場する人物をいかに本物に見せるかが肝となる。実は、彼は幼少期から高校生になるまで、子役として活躍をしていた背景がある。「演じる」ということについては、かなりの経験を持ち合わせている。

また将棋でも、趣味では終わらない実力を持ち合わせており、今後その実力を買われて番組や雑誌で持ちコーナーを得ていくことは十分あり得る。

持ちコーナーと言えば、「ポケモン」好きとして知られ、「おはスタ」のポケモンコーナーに立花ファイアとして出演していたこともある。このようにマルチな能力を発揮するレインボーの二人であるが、特に個性的な池田直人に注目し、そこからモテる男に必要な「土台」について考えていこうと思う。

2.元々女装が趣味ではない、からこその本格派

出典元:https://fulchan.tokyo/aruaru-insta/
先ほど、池田直人と言えば「女装」と書いた。レインボーのコントを少し調べてみればわかるが、人気動画では池田が女性役をしているものが並ぶ。かなりの完成度で、写真だけ見れば、「女の子かな?」と思ってしまうメンズも多かろう。

これほどの完成度ならば、普段から化粧をしたり、女装をしたりとしているのではないかと思いがちだが、実のところ池田にそのような趣味はなく、あくまでもコントの役(お笑いのネタ)だからしているに過ぎないようだ。

とはいえ、子役として活躍したこともある池田にとって、やはり「演じる」ということには思うところがあるのだろう。その完成度がそれを何より物語っている。実際に、脱毛をしていることもツイッターで公表しており、その毛穴レスな肌は女性ファンからも注目されているようだ。

また、どうすれば女性らしく見えるのかをよく観察しているから、再現度が素晴らしいのだ。「あぁ、こういう女いるよなぁ」と思わず納得してしまう、「それっぽさ」がある。

女性を演じることが趣味でないからこそ、より本物に近づける努力ができるのであろう。

3.次世代の美容芸人として、今を切り開くパイオニア

出典元:https://satomin.club/archives/1347
「美容男子」という言葉が広まり、定着化する中で「美容芸人」という存在もまたお茶の間に受け入れられるようになってきた。池田もまた、美肌に月10万円以上をかけるNON STYLEの井上、嫁から美容にお金をかけすぎていると暴露された千鳥のノブに並ぶ、美容芸人として注目を集めている。

2018年の暮れにはメイクアップアドバイザー検定にも合格をしており、独学ではなくしっかりとした知識も身に着けている。

また、自身のYoutubeのチャンネルでは、「ゆり」という女性になりきり、メイクの動画も挙げている。実際はこれもネタなのであるが、本当に「ゆり」という名前のYoutuberがいるのではないか、という錯覚に襲われる。仮想と現実が入り乱れるような不思議な感覚が味わえるので、「お笑い」目的でなくても一度は見て欲しい動画だ。

「美容芸人」はこれからますます増えていくだろう。常に新しい知識と技術にアンテナを張り、自分の役に必要であるならば積極的に実践していく池田直人は、これかも美容芸人の最先端・パイオニア的存在になることは間違いないだろう。

彼の行く末が、美容芸人たちの行く末を占うと言っても過言ではない。

4.女性にモテる。それは無条件ではない。モテるための「土台」が必要だ

出典元:https://fineboys-online.jp/beauty/regular/detail.php?id=2276&p=4
それほど努力を惜しまぬ池田直人がモテない理由はない。池田直人ファンという女性は数多くいる。特に、女装ネタには男女問わずファンが多い。

何故、それほど池田の女装は人々を魅了するのか。それは、彼の女装は「土台」がしっかりしているからである。

「土台」とは何か。それは「肌」である。美しさとは何か。この問いの一つの答えは「若さ」である。では、その若さは何によって測られるのか、と言えば、「肌」なのだ。キメの細かい肌は、若さの象徴である。故に、美しさの土台と言えるのだ。

池田の肌は、といえばまるで10代のように若々しい肌をしている。これは日頃のケアはもちろんであるが、「脱毛」効果が大きい。脱毛を行うことで毎日のシェーバーが必要なくなる。シェーバーやカミソリでのヒゲの処理は多少なりとも肌に負担をかける。

1回1回は小さな負担であっても、それが365日と続けば大きな負担となる。脱毛を行うことで、この負担がなくなれば肌は傷つかずに済む。

また、脱毛にはレーザー照射により肌の代謝が高まり、肌質が改善するというメリットもある。ヒゲ脱毛をするために、肌にレーザーを照射することで美肌力は高まっているのだ。

女性にモテるための一つの理由は「若さ」である。

女性が求めるメンズになるためには、見た目の若さを心掛けることはとても重要になってくる、そして、その若さの土台となるのが、美肌なのだ。君たちがモテたいと思うのであれば、脱毛をして肌の若さをキープすることはとても意味がある。

モテたいと思うのであれば、ぜひ脱毛を検討し、実際に始めてみて欲しい。

脱毛で肌の若さを手に入れる!おすすめのメンズ脱毛ランキングTOP3

第1位 メンズリゼ

おすすめ度第1位は男性脱毛専門のメンズリゼだ。

現在は全国に22院展開している、まだまだ拡大中の医療脱毛専門クリニックだ。

注目すべきポイントは、メンズリゼの全身脱毛5回がなんと248,000円業界最安値で受けられるんだ。

安さと美意識にこだわりの強いメンズは全身脱毛3回コースが月々3,000円で受けれる激安プランが登場したことにも注目してほしい。

詳細はこちら>>> 

https://www.mens-rize.com/lp/zenshin3/01

全身脱毛+オプションというお得なセットもあるから見逃せない。

料金システム以外にも、手厚いアフターケア、保証体制など、細かい部分にもこだわったクリニックである。

初診料、キャンセル料、剃毛料、硬毛化・増毛化のレーザー再照射料、レーザーの打ち漏れ再照射料、万が一の肌トラブル治療費、これらすべて無料だから、安心して通えると評判だ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 ゴリラクリニック


第2位はゴリラクリニックだ。

メンズリゼと同じ男性脱毛専門のゴリラクリニック。

ヒゲ脱毛で有名なゴリラクリニックだが、全身のあらゆる部位の脱毛も可能だ。

全身脱毛5回コースは397,000円と少し割高だが、さまざまなトライアルメニューが豊富だ。

一度ゴリラ脱毛を体験してみてもいいんじゃないか?

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

第3位 RINX


第3位はメンズ脱毛サロンのRINXだ。

全国に51店舗展開している、メンズ脱毛サロンのRINX。

RINXの他のエステとの違いは、脱毛に関して豊富な知識を有していると認められた脱毛技能士が常駐している。

エステは医療機関よりも通う回数が多いから、あくまで目安だが、全身脱毛4回が437,300円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> https://mens-rinx.jp/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング