最終更新日:2019年06月10日

髭が似合うかどうかは年齢ではない。髭を生やしたいのなら自分に合ったデザインを見極めよ

Official髭男dismが名前負けしそうな理由


出典元:https://tower.jp/article/feature_item/2017/04/07/0702

日常生活の中で、どんな形であれば音楽を聴かない日というのはそうそうない。

音楽と一言に行っても、実に多様な音楽が世界にはある。形式化されたもので言えば、宗教音楽から始まり、ジャズやポップスなどが我々の耳を楽しませてくれる。その中で今回は「Official髭男dism」というバンドに注目し、モテる男について考えていこう。

Official髭男dismというバンド名を初めて聞いた、というメンズも少なくないだろう。結成は2012年とそれほどニューフェイスというわけではないのだが、インディーズデビューが2015年、これまでにシングル2枚、アルバム1枚、ミニアルバム3枚と限られたリリースに留まっている。このことから、なかなか知名度が上がっているとは言いにくいのだ。

そうでありながら、何故取り上げるのか。それはお察しの通り、名前である。

Official髭男dismは、「ヒゲダン」の名称で親しまれている。これは、ヒゲダンディズムの略からだ。が、では何故「髭男」なのか。

髭男と聞けば、中年以降の男をイメージさせる。しかも日本ではなく、欧米の、だ。

海外では髭を蓄えることは文化的背景もあり、社会に受け入れられるものだ。
だが、日本ではやはり髭というものに対して、ネガティブな感情が先立ってしまうようだ。若年層を含め、高齢層になっても髭を常に生やしておくということをあまりしないのが日本の文化であるのだ。

Official髭男dismが何故そのような名前を自身のバンド名に付けたのか。それは、「髭が似合う年になっても誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意志からだ。

だが、この名前、実に違和感がある。それは先ほども言ったように、日本では髭を常に生やすということをどの年齢においてもあまりしないこと。そして、髭というのは誰もが似合うものではないこと。
この2点からである。

髭に対する憧れは、男であれば少なからずあるかとは思うが、それはあくまでも憧れであり本当に髭を生やすかどうかは別問題となる。

Official髭男dismが名前負けをしそうな理由には、こうした日本においての文化的背景があるのである。

イマドキの曲、考え方。でも、モテるための鉄板からは遠く、険しい


出典元:https://higedan.com/profile/
Official髭男dismは、島根大学、松江高専の卒業生によって結成された4人組のピアノ・ポップ・バンドである。

曲調はイマドキで、聞きやすいものが多い。よく言えば癖がなく、悪く言えば個性が薄い。そうではあるが、BGMなど普段の生活の中で流れいてもその場の雰囲気を邪魔しないというのは、日常生活に溶け込む音楽とも言え、大きな利点ともいえる。

今後の活躍に期待したいバンドではあるが、やはりその名前からはモテからは遠いと言わざるを得ない。

男であれ、女性であれモテたいというのは、生物として当たり前の欲望である。モテるための願望は、人が行動するための大きな原動力となる。

Official髭男dismのメンバーたちも、自分自身で音楽を作り、それを奏でることで大きな喜びを感じているに違いない。そして、それらの音楽を作り出す原動力にモテたいという欲望があるとすれば、大きな力を宿す音楽となってくる。

一方で、純粋に音楽が好きだ、というものによる原動力となると、やはりその音楽にはパッションというよりは透明性が強くなる傾向がある。Official髭男dismの音楽はどちらかというと後者のイメージが強い。

恋愛をテーマにした曲であっても、どこかその渦中から一歩引いたような印象を受ける歌詞、曲調なのだ。だからこそ、どんな場面であっても、BGMとして流れていて違和感がないのだが、やはり「モテ」に対するパッションの低さは否めない。

モテるためには「自分に合ったデザイン」かどうかが大切


出典元:https://www.j-wave.co.jp/blog/spark/2018/09/officialdism-at-j-wave-spark-1.html

モテるという一点を考えたとき、そこには人が好むものが必然的に絡んでくる。つまり、生物学的に女性が好きになる男というものが存在する、ということだ。それは「イケメン」であるし、「筋肉のあるボディ」である。

女性は”優秀な遺伝子”を残すため、イケメンに心惹かれるようになっているのだ。筋肉のあるボディは、女性にとって、自分自身そして子供を守ってくれる「力」を意味するからな。

ヒョロヒョロとしたビジュアルのメンズよりも、筋肉のあるメンズのほうがモテるのだ。

だが、それとは別に重要となってくるのは「見た目」だ。イケメンも、筋肉も見た目だろうと思うかもしれんが、それとはまた別の「見た目」が関わってくる。

それは、「清潔感」である。清潔感を重視するのは、日本人女性に特に多い。これは、清潔感=身だしなみが整っている=社会性があるという方程式が、女性陣の中で根強いからである。

社会性がある、つまり今の日本社会において、どんな状況であっても金を稼ぐことができるかどうか。これが今の日本においては、メンズに求められている役割なんだ。清潔感のあるビジュアルかどうかがモテるためには重要になってくる。

Official髭男dismの名前に対する違和感は、この清潔感あるビジュアルという考え方から一歩、二歩、いや三十歩ほど遠いことから生じてくる。

たとえ、髭を生やしたとしても、その人に似合った髭かどうかで清潔感は大きく変わってくる。一人ひとりに合った形に髭を整えなければ、年齢を重ねたとしても髭が似合うようにはならない。

そのことを度外視した名前には、やはり非モテの要素を感じざるを得ない。

持つべき考えは、自分がどう見られているのか・見られたいのか


出典元:https://netnewstime.com/post-554/

Official髭男dismが今後、よりブレイクするためにも、また君たちがよりモテるようになるためにも持っておいて欲しい目線・考え方がある。

それは、自分がどう見られているのか、また見られたいのかということだ。人は社会性をもった動物だ。多くの人々の中でしか、人らしく生きられない。だからこそ、他人の目を気にすることも必要なのだ。

女性からモテたいのであれば、女性たちが自分をどう見ているのか。例えば、頼れるメンズとして見てもらっているのか、頼りないメンズとして見られているのか。もっと言えば、好意を持たれているのか、持たれていないのか。この点を見極めることが重要だ。

頼りない男だ、と思われていても、君たちがそれで「良し」とするのであれば、無理に今の自分を変える必要はない。ただ、モテる男になりたい、自分を変えたいと思うのであれば、今の自分を変えていく必要がある。

そのために、「見た目」を変えることは大きな意味がある。服装や髪型、髭を含めた身だしなみが自分自身に似合っているのかどうか、合っているのかどうかを見極め、自分自身に合ったものにしていく。こうすることで、周りの君たちする評価は徐々に変わっていく。

Official髭男dismが我々に教えてくれること。それはモテるためには、自分に合っているものなのかどうか。またそれが世間的に受け入れられることなのかどうか。これを見極める重要さである。

周りに評価される「見た目」を手に入れろ!おすすめのヒゲ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼは医療機関であるため、永久脱毛が受けられる。

メンズリゼのおすすめプランは、ヒゲ4部位の中から気になる部位だけを自由に組み合わせて永久脱毛できるセレクトヒゲ脱毛2部位56,800円(5回)と3部位74,800円(5回)だ。

部分的に残したいやデザインヒゲにしたいなどニーズに応じた施術ができる。

プランが魅力的なのはもちろん、料金も良心的だ。いろいろと掛かってしまう追加料金もメンズリゼなら一切掛からない。

安いだけじゃない魅力がたくさんあるよな。まずは、無料カウンセリングへ行ってみてくれ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

泣く泣く2位となってしまったRINXと1位の差は永久脱毛でないことだ。しかし、RINXでも通い続けることできれいなヒゲを維持できる。

RINXのヒゲ脱毛プランは、部位が7部位に細分化されているから、本当に脱毛したい部位だけをピンポイントに脱毛できるんだ。
無駄な出費がないからお得に脱毛できるぜ。

各部位5回コース2万円前後で受けられる。

しかもRINXでは、オリジナルの男性専用脱毛マシンを開発しているから、男性の様々なムダ毛の悩みにも対応。心強いよな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック


第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

メンズリゼと同じ永久脱毛を扱っているクリニックだ。

ゴリラクリニックで最もニーズが多いのはヒゲ。平日11時〜15時のみ、ヒゲ3部位6回コース68,800円受けられる。

時間外でも、+19,800円で脱毛してくれるから安心しろ。まずは24時間受付可能なWeb予約で、無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

自信とは君を輝かすオーラのようなものだ 2017年2月24日 モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング