menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年08月24日

クールな男はモテる。でも、注意しな。そのクールビズじゃモテは遠ざかるばかりだ。

堅苦しいスーツを脱ぎ棄てろ。でも羞恥心まで脱がないように

スーツ 夏 熱い

日本の夏にはクールビズがある。このクールビズという取り組みが始まったのは2005年。小泉内閣のさなか、環境大臣であった小池百合子氏によって推し進められた。

日本人の美徳と言えば美徳だが、とにかくルールから外れることを嫌う。それが夏場のスーツ姿にもよく表れていた。いわく、ラフな格好をして取引先に悪印象を持たれては大変だ、ということだ。

結果、どんなに暑い夏の日でもスーツもネクタイもしっかりと身に着けていたものだから、日本の夏は見た目にも体感的にも「暑い」ものだった。

だからエアコンだってガンガンに付けてしまうよな。暑いんだから。男が多い職場ではちょっとした遭難危機もあるくらい冷えっ冷えだったところ少なくない。

このクールビズが導入され始めたのは、ちょうど温暖化も叫ばれていた頃。出で立ちを涼しくすればエアコンの温度も下げられるんじゃないか、と考えたのだろう。で、体面を気にするビジネスマンのために、「政府が導入を推進する」という大義名分を与えたのである。

これにより、スーツを脱ぎ捨て、ネクタイを放り投げ、半袖シャツになっても誰も悪印象を抱くことはなくなった。

夏でも黒や灰色のスーツに身を包んでいた時代を知らぬ世代も社会に出た。彼らは夏は涼しい恰好をしてOKなんでしょ?とか思っているのだろう。また、新人の頃にクールビズが導入された世代も多いだろう。

君たちは「やった!暑苦しいスーツを着なくて済む」と喜んでいるのだろう。だがそうした考えを持っていては、かつてのビジネスマンが持っていた矜持やプライドを知らぬままになってしまうかもしれない。それだけあの夏場のスーツは重いものだったのだ。

例え政府公認でスーツが脱げると言っても、そこには相手を慮る気持ちがなければならない。

取引先と会うのならば、先方が不快に思う服装はNGだ。「相手がスーツを望んでいるならスーツを着る」くらいの気概が必要だ。半袖で来ちゃったからそのまま行こう、ではお粗末だぞ。

姿恰好で仕事をするわけではないが、心で成果が変わる。それは覚えておいて欲しい。

クールなクールビズとは360°いつでもどこでも”カッコイイ”ものだ

クールビズ 夏服

そうした気持ちが伴ったクールビズスタイルならば、当然クールだろう。それこそ、外面も内面も含めて360°完璧なくらいな。

しかし、まるで違ったことを言うようで申し訳ないが、スーツに捉われすぎている人間のクールビズはどこか詰めが甘いときがある。それはスーツ姿になれすぎて、スーツを脱いだ状態を想像できないことに理由がある。

スーツというのは仕立てにより、着ている人のステータスを表す。その人の名刺代わりとも言える。だから本人はそのつもりがなくても、いつの間にかスーツに頼ってしまうのだ。

自分を表現する方法として、よくメガネをかけている人がメガネを取ると顔に違和感がある、という。これはメガネというアイコンで、その人が認識されているために起きる。

同じように毎日スーツを着ていると、スーツを着ている人とスーツがその人を指すアイコンとなってしまう。このことに(結果として)甘んじることにより、自分の外見を気にする余地が減ってしまうのである。

これがスーツを着ている人がクールビズをすると、詰めが甘くなる理由だ。スーツを着ている気持ちが仇になってしまうのである。

スーツを脱ぐということは、それだけ肌の露出が増える。スーツの下には長袖のYシャツを着ると思うが、クールビズの場合は長袖ではなく半袖の着用をすすめる。

これにより二の腕の途中から指先までが、何物にも遮られることなく露出する。普段スーツを着ていると意識しないかもしれいが、俺たち男というのは思っているよりも毛が生えている。

白い半そでのシャツなぞ着ようものなら、その伸びた腕毛の引き立て役になるだろう。まだまだ少ないが、アンクル丈やハーフ丈のパンツで通勤することをOKとする会社もある。

そういう企業に勤めていて、深く考えずに履いていこうものなら「すね毛がこんにちは」状態になるだろう。

またノーネクタイでシャツのボタンも緩めば、胸毛が見えることも可能性としては高い。男なのだから、腕毛もすね毛も生えていたっていいだろうという意見もある。

確かにそうだ。毛が濃くなるというのはXY染色体が持つ成長の特徴でもある。それを否定するのはいかがなものだろうか。というのはあくまで男の意見だ。

女性目線からしてみれば、それは男どもの言い訳にすぎない、こう見えるのである。かと言って、潔く「見えてしまうのならば剃ってしまえばいい」と全剃りすれば、やりすぎ、となるのも女性なのである。

全剃りはやりすぎ、でも全くの手つかずは手抜き。女性の要望っていうのはいつだって男を悩ませ、同時に発奮させるものである。毛の処理についても、「そこまで言うなら理想の毛にしてやろうじゃないか」と立ちあがるのが、男なのだ。

毛のことを一例として挙げたが、このように女性からは常に「チェックをされている」という認識は重要だ。その上で、クールビズファッションにおける女性のチェックポイントについて、次の章で説明していく。

どんな時でも”自分の評価”をアゲるのが(女性目線で)イイ男だ

印象 ビジネス ビジネスマン

ここで周りからのチェックについてもう少し説明しておこう。

何も君たちをチェックするのは女性たちだけではない。(ここでいう女性とは、君たちが恋愛対象として考えている異性だ)仕事であれば、会社の上司や同僚、取引先だろう。プライベートならば、恋人や家族、友人が挙げられる。

もっと言えば、自分自身でもチェックをするときがある。そうしたチェックを経て「評価」が決まる。

評価というと、チェックシートのようなものがあり、そこから導き出すというイメージがある。確かにオペレーター業務などの習熟度を確認するには、チェックシートが活躍するだろう。しかし人への評価に関しては、直感が優先する。

「何となくいい」「何となく悪い」で評価が決まってしまう。直感なので「じっくりと」決めたものではない。見た瞬間に感じるもの、それが直感である。その直感によって、昇進できるかが決まり、給与アップが決まり、契約、結婚など、人生において重要な局面での結果に差が出るのである。

そうした評価を如何に上げることができるか。君たちの人生がかかっていると言ってもいいだろう。

モテるかどうかには女性目線からの評価を考える必要があるが、それも含めて360度ぐるっと高評価を貰えるようになれば尚良いのである。何がいい評価になるか、も大事だが何が評価を下げるかを知るのも重要だ。

見た目の印象が悪い状態、それはビジネスシーンでは「自己管理ができていない」「本心が見えない」といった印象を持たれ、信頼感を勝ち得るのに苦労する。

プライベートシーンでは、君の男としての魅力が隠されてしまうことになるので「恋愛感情」を抱かれにくくしてしまう。

野暮ったいなんてヴェールを脱ぎ捨てて、スタイリッシュにクールな君にアップデートするのだ。そうすることで自分の評価を下げることはなくなるだろう。評価が下がらなければ一先ず安心できる。

何故なら、評価は直感だからだ。直感で下された印象はなかなか変わりにくい。だから、悪くなった評価を挽回するのには一苦労することだろう。評価を下げないことも重要なのである。

こうした評価に関して想像力を働かせると、見えてくるものがある。それは周りへの気配りである。周りに気配りを行うことで、野暮ったさを軽減もしくは解消することができる。

自分にも周りにも気配りができるのが、クールビズってるモテ男のポイント

メンズ脱毛 胸毛 すね毛 指毛

特にクールビズの場合、無難なスタイルから一歩踏み込んで「かっこいい」「ハンサム」という印象を相手に伝えたい。

それは服に対するセンスが仕事に対するセンスもしくは質の高さと関連づくからだ。先ほど出た野暮ったさを脱ぎ捨てれば、かっこよくきめることができる。

クールビズで野暮ったさを取り除くにはどうしたらいいか。手っ取り早いのが、脱毛である。

脱毛は袖から出てしまった毛を処理する方法だ。腕やすね毛、胸毛はもちろん、指毛にも対応してくれる。カミソリやシェーバーを使った「全剃り」ではなく、毛の量を調整したり、毛の濃さ(太さ)を細くすることもできる。

男らしさは残しつつ、無駄な毛を処理することで野暮ったさを解消できる、という訳だ。

こうした野暮ったさを取り除き、相手に対してクールなスタイルをアピールするのは、自分の評価だけのことではない。評価を下す相手を不快にさせない、という相手への配慮へとつながっていく。

周りはもちろん、自分自身にも気配りをすることで、今年こそ最高にクールなクールビズで暑さをしのげることだろう。

夏の身だしなみ!ジョリジョリーノがおすすめする脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国に展開している男性脱毛専門のメンズリゼだ。

医療レーザーを使用した全身の永久脱毛が受けられる。
全身脱毛5回コースは、業界最安値298,000円だ。
エステサロン等にありがちな追加料金は一切かからない。
キャンセル料・カウンセリング料・剃毛代・再診料・万が一の肌トラブルの際の処置料も完全無料だぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位は脱毛サロンのRINX

患者さんもスタッフも全員男性のみのエステサロンだ。
光脱毛は痛みに弱いメンズでも大丈夫。
しかも、日本人男性の毛質に特化したオリジナル脱毛機を導入。
全身脱毛は4回コース315,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

メンズリゼと同じ医療レーザーを扱っている、男性専門のクリニックだ。
ホームページでは有名人の脱毛レポートを公開してるから、参考にしてみてくれ。
ゴリラクリニックの全身脱毛5回コースは570,000円
値段はお高めだが、分割払いも可能だ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

ナイーブなメンズたちに贈る五月病予防リスト 2018年4月16日 モテる男の脱毛流儀

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

神戸・三宮のメンズ永久脱毛。今や常識だぜ? 2015年11月26日 脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ビジネス 部位別ランキング

ビジネス お得ランキング

ビジネス その他ランキング

ビジネス 脱毛クリニック

ビジネス 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事