menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年06月30日

キャンプが上げる男の魅力。女心を掴むのはこんなワイルドメンだ!

キャンプ=男の居場所=男らしさをアピールする絶好のチャンス

キャンプ 男らしさ

夏と言えばキャンプのシーズンだ。夏以外でもキャンプはできるが、冬だと寒さが堪えるから、やっぱり外で気ままに過ごしたいなら夏のキャンプに限る。

最近ではソロキャンプをするおひとり様も多いが、グループでするキャンプも楽しいものだ。準備をする道具は多くなるものの、グループでのキャンプを通して君たちがモテる可能性もある。

何故ならば、キャンプとは男らしさをアピールできる場であるからだ。

キャンプで男らしさをアピールするためには、積極的に動くことが大切だ。具体的には、「テントの設営」「周りの手伝い」「花形以外の仕事」「気配り」だ。ちょっと言葉だけではわかりにくいかもな。もう少し詳しく紹介しよう。

テントの設営は率先して行う

これはあまり説明しなくてもわかると思うが、休憩をしたり荷物を置いたり、宿泊をするキャンプであれば寝る場所としてのテントを組み立てることだ。

ここ数年は、設営の楽なテントも多く売り出されている。そうしたテントあればいいのだが、昔ながらの組み立て式テントの場合、テント自体の重みもあり、また風が吹いても飛ばされないように杭を深く埋め込む必要があるなど、なかなかに力作業なのがテント設営である。

これを女性にやらせるのは酷な話だし、君たち男の沽券もつながる問題になる(その問題とは端的に言えば、「やっぱり男って使えない」という女性からのレッテル貼りだ)。

キャンプをする場所に着いたら、ぜひ積極的にテント設営に取り組むように。その際、協力者がいなくても一人で行うとよい。一緒にしてくれる人が来てくれるまで待つという態度も、女性からの心証が良くない。一人でも動く、これが積極的な態度と言える。

積極的にの人の手伝いをする

周りの手伝いは、誰かが作業をしているのに気づいたら手伝いに行くことだ。

キャンプというのは自分たちで何もかもするということだ。そもそもキャンプとは野営をすることであるので、衣食住を自分たちで確保するのが基本姿勢だ。だから、何もせずにのんびりというのは衣食住が揃ってからになる。

テント設営(住)をした後は、食の準備をする必要がある。献立がバーベキューなのかカレーなのか、はたまた全く違うものかはキャンプによって違う。が、食事の準備というのはななかな骨が折れる作業も多い。

テント設営が終わり、食事の準備がまだ終わっていなければ食事の準備を手伝う。また買い出しに行くとなれば、率先して荷物持ちになる。周りの手伝いができるかどうかというのは、どれだけ自分以外の人に気をかけることができるかを意味している。

周りを見ることができる、周りを気遣うことができるというのは、モテる男の必須事項でもある。

花形以外の見られてない重要な作業を積極的に行う

花形以外の仕事というのは、バーベキューであれば火おこしや焼きの作業だ。魚を釣る場合は竿を垂らし、正に魚を釣る仕事だな。

しかし多くの仕事がそうであるように、多くの場合仕事以外の雑務の方が多い。そしてその雑務が滞ると、途端に本来したい仕事(今回の話題であれば花形の仕事)がストップしてしまう。

如何に、本来の仕事以外の雑務が大切かがわかるだろう。だからバーベキューであれば、食材を用意することや、取り分け皿や箸などを一人一組セットする、飲み物を用意するといったメイン以外の仕事を自ら気づきしていくのがいい。

花形以外の仕事に対し積極的に動けるということは、先を見通す力が優れているということだ。

それは仕事をする上でも、また私生活でも大きな意味を持つ。やはり先見の明がある人間が得をすることが多いからだ。

女性であれば目先の事しか見えない、人から注目される仕事はやる気があるが人の目に触れない仕事に対して不誠実という人間よりも、先見の明があり、どんな仕事でもこなす人間がいいと思うに決まっている。もしそうでないとすれば、それはその女性に人を見る目がないというだけだ。

気配り

最後はそれらを総合したもので「気配り上手」というものだ。気配りができるというのは集団においては、とても大切だ。

反対に気配りができない人が一人でもいると、そのグループは上手く物事を進めることができなくなる。仕事も家族もチームプレーが基本だ。

人は、他の人と関わりを持って生きている以上、他の人たちへの気配りが必要になるからだ。とは言え、イベント時における気配りはもっと限定的なものだ。

車での移動中、女性のトイレを気にしてあげるというのも気配りの一つだ。

君が運転手ならば、コンビニやパーキングエリア、サービスエリアに寄る回数を増やしてあげると良いだろう。

また、運転手でなくとも「トイレに行きたくなった」「飲み物を買ってきてもいいか」など、女性に「トイレに行きたい」と言わせずに、しかしスムーズにトイレ休憩がとれるよう発言するというのも手だ。

また、豪快な食事が多いキャンプ飯だが、女性でも食べやすいよう食材は小さめにするというのも気配りと言えるだろう。

飲み物もアルコール以外の種類を豊富に持っていくというのも然り。

寝る際には虫などが来ないよう、虫よけのスプレーを用意したり、蚊に刺されたときのためにかゆみ止めを用意しておいたりというのも気配りだ。

キャンプという限定された場面だからこそ、細かいところまで気配りをしておくことで女性は快適にキャンプをすることができる。それ以前に挙げた、テントの設営にしろ、周りを手伝うことにしろ、花形以外の仕事をすることにしろ、全てが気配り上手ならば苦もなくできることだ。

そうした気配りができてこそ、キャンプでの男らしさが光るのである。

男の仕事っていうのは、形はどうであれ、いつだって女性の居心地をよくすることだ

男の仕事っていうのは、形はどうであれ、いつだって女性の居心地をよくすることだ

そう考えるとキャンプでの男の仕事は、女性の居心地を良くすることに違いない。

キャンプというと男の居場所というイメージがある。それは女性には若干居心地の悪いこともあるからだ。だからこそ、女性でも快適に過ごすことができるよう君が先回りをして、気を配ることで女性でもキャンプを楽しんでもらえるようになる。

女性が如何に居心地よく過ごせるかを行動理念に置くと、動きやすいかもしれない。もちろん、そこには君が狙っている彼女への特別なアプローチがあったっていいただろう。

例えば、先ほども挙げた虫よけスプレーを気になる彼女用に特別にもう一本用意しておくとか、彼女の好きな飲み物を用意しておくとかな。あまりにあからさまにすると、周りからの邪魔が入ることもあるのでさりげなく、でも確実にアピールしていくのがいい。

この女性のために云々は、実はキャンプ以外でも通じるものがある。

たとえば、仕事というものが自分ひとりで回すものではないと気づいたとき、会社内にいる多くのスタッフが働きやすい環境についても考えが回るようになるのだ。その際に、女性が快適に過ごすことができる環境づくりを基本に考えると、物事がスムーズにいく。

これは環境に関して、男よりも女性の方がより敏感に感じているからである。

空調一つとっても、男を基本に置くと涼しくしすぎる状況にある。だから、夏でも女性はオフィスで長袖を着て、ひざ掛けを使うのだ。そうではなく、女性に快適な空調にして男が薄着になる方がオフィスの雰囲気が良くなる。

女性が快適であると、男スタッフへの対応がよくなるからだ。また女性がイライラしたり、不調を訴えたりすることも減り、これにより社内環境(備品や社内サービスなど)が整う上でもいい効果が出る。

君が独り身であれば、こうした会社内での仕事の気配りができるだろう。家族を持ったら、もっと女性の居場所をよくするために、となってくる。

女性が何の不満もなく、不安もなく生活できるように衣食住を整えてやりたいと思えてくるのだ。それまでは、自分のためだけにお金を使っていたとしても。最も共働きが多い世の中なので、衣食住すべてを自分が整えてあげているという考えは厳禁だ。

あくまでも、君の決意として、また行動理念として「そうしてあげたい」というものに留めておくように。さもなければ、その発言(「俺が稼いできてあげているんだ」的なものだ)一つで、別れや離婚の危機に直面することになるだろう。

働く人間でも、専業主婦であっても、自分がしている仕事や作業には皆プライドを持っている。俺様発言は、そうしたプライドをいたく傷つけるものだのだ。

女性の美意識を意識するのも大切

女性の美意識を意識するのも大切

女性が居心地の良さを感じられるように動くということの大切さはわかっただろう。

更に、君がモテるようになるために、そこに更にもう一つプラスしておきたいことがある。それは女性たちがそれぞれ好ましいと思うものにしていくというものだ。

分かりやすくいえば、居心地の良さにプラスして、食器の汚れ、食器のデザイン、食材へのこだわり、食べる場所など、女性が好きそうなものにしていくということだ。

これは居心地の良さとはまた違い、プラスアルファの気遣いとなる。食器の汚れは、もちろん汚れていない食器を使うのであるが、食事を盛りつける前に一度洗う、もしくは使い捨てであれば使う直前でパッケージから出すといった気遣いになる。

食器のデザインは、使い捨てであれば何の変哲もない白い紙皿や紙コップを用意してしまいがちだが、敢えてそこで花柄が付いたものや蝶や動物がデザインされたもの選ぶなどだ。そういう細かい気遣いを喜ぶ女性は多い。

食材はただ安い、量が多いといったことを選ぶ基準にするのではなく、産地にこだわった野菜や肉を用意する。肉の種類も脂肪分の少ないものを用意するといったものである。

食べる場所はできるだけ景観のいいところにセッティングする、もしくは座りやすい場所を確保するということだ。

何もそこまでと思うかもしれないが、こうした気遣いができる男が少ないからこそ、できた君の株が上がるのである。難しいことを乗り越えて初めて人と違う結果が得られるというのが、人生の基本だ。

女性からモテたいのであれば、また意中の彼女と懇意になりたいのであれば、敢えてその難関にチャレンジしてみて欲しい。

ワイルドさは清潔感というベースありきの上位スキル

清潔感 メンズ脱毛

キャンプというのは男のワイルドさ、男らしさをアピールする絶好の場である。

それはもう周知の事実だろう。しかし、それには実は清潔感というベースが必要となってくる。清潔感のある男が、ワイルドであり男らしいからこそ、女性はキャンプをする男に惚れるのだ。

そのベースが崩れる話は違ってくる。清潔感がないヒゲもじゃで、頭の毛も伸び放題の男がキャンプの魅力を語ったところで、それは暑苦しく、ウザい存在にしかならない。

ワイルドは本当に「野性的」と捉えられてしまうし、男らしさも女性にはノーサンキューな「らしさ」になってしまう。

そうではなく、女性が男に求める男らしさというのは、自分と一緒に歩んでいく上で心地よいと思えるものなのだ。自分の力だけで生きていけそうという力強さはそれほど求めていない。

それよりは、女性が困っているときに誰よりも早く気が付いてくれたり、声をかけてくれたり、歩くペースを緩めてくれたりといった気遣いができる男に惹かれる。

そこに、時に厳しく自分を引っ張ってくれる力強さを求めており、その力強さを「男らしさ」と表現しているのである。そうした男らしさは、先ほども言った通り自分ひとりで生きていけるという類のものではない。

自分以外の人間を視野に入れることができ、一緒に歩こうとする意志を持っているというようなものだ。

では何故それが清潔感というベースありきとなるのか。それは清潔感、つまり身だしなみに気を遣えるということが、周りの人々に対して気遣いができることを意味しているからである。

その周りとは、仕事相手かもしれないし、女性かもしれない。少なくとも、自分はひとりでも問題なく生きていけるという考えからは清潔感を気にするまでは考えが及ばない。

では、どうすれば清潔感を手に入れることができるのか。それには、脱毛をするのが手っ取り早い。

脱毛を行うことで、男の全身に生えるムダ毛を効率的に処理できる。更に、それらがなくなることで常に爽やかな見た目をキープできる。これは大変意義のあることだ。少なくとも、イベントの直前に自分で処理するよりは。

キャンプというのは長時間、もしくは一日以上毛の処理ができない。

その中で、無精ヒゲが生えてくる、腕や足の毛がもじゃついているというのでは、女性側も君への評価を下げざるを得ない。

君がどんなに気配り上手に努力しても、だ。これでは努力が実らなくてもったいない。また、普段から家事を行い、自分の身の周りのことは自分でできるようにしておくのも清潔感キープには必要だ。

清潔感というベースをしっかりさせ、その上でキャンプで気配りを発揮することで、女性が求める男らしさをアピールできるのである。それこそがキャンプでモテる男なのだ。

ムダ毛はワイルドなんかじゃない。ジョリジョリーノがおすすめする脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼだ。

キャンプシーズンに向けておすすめしたいのが、メンズだリゼの全身脱毛だ。
永久脱毛5回コース299,000円で受けられる。
まとまったお金がなくても月額プランもあるから安心だ。
しかも、メンズリゼでは、カウンセリング料・初診料・再診料・剃毛料・予約キャンセル料、解約手数料、万が一の肌トラブルの治療費などの追加料金が一切かからないんだ。目から鱗だな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位は男性脱毛サロンのRINX

RINXは日本初となる医師監修の脱毛専門サロンだ。
RINXで全身脱毛を受ける場合の料金は315,000円(4回)
全身や部位別のコース以外にも、自分で部位や回数を設定できるオーダーメイドコースというものがあるんだ。
オーダーメイドコースなら、無くしたい毛だけを無くせるから、最安価で好きな部位の脱毛ができるぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位にランクインしたのは、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

あの有名人・アスリートもゴリラ脱毛に挑戦中だ。
ゴリラ脱毛という、なんともすごそうな名前の医療レーザー脱毛方法で全身脱毛ができるんだ。
全身脱毛5回コース570,000円で受けられる。
メンズ脱毛が初めてでも医師がカウンセリングを行ってくれるから、安心だぜ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
キーワード
話題の記事