menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年06月13日

モテる男は結婚式でも一味違う。モテ男になるために必要な美意識とは?

聖なる契約=結婚は、女性だけのものではない

結婚式 新郎

最近は結婚に関してあまり前向きではない意見が多く聞かれる。

これの一因は女性の社会進出がある。女性も働き稼ぎ生活することが当たり前になってきた証拠でもある。つまり、女性が男がいなくても生活できるので結婚について必ずしもするものではない、という考えを多く持つようになっているのだ。

そして男側にしても、自分より稼ぐ女性が増えていること、自身の稼ぎが想定よりも少ないことから結婚をして家族を支えることに不安を持ってしまい、そのことが結婚に対して消極的にしている。

だが実際に、結婚をしているカップルを見てみると経済的なつながりだけに重きを置いているパターンは少ない。確かに経済的なリスクがない、少ないというのは重要なジャッジ要因だ。

では経済的に余裕があるならば、希望する全員が結婚できるかといえば、実際にはそうではない。結婚まで行き着くには、どの場合にはちょっとしたドラマがあるものなのである。

それは生きとし生けるもの全てに言えることかもしれない。人間を含めた多くの生き物は、オスとメス二つの性が寄り添うことで命を紡いでいる。

人間の場合は、そうした生物的なつながりだけでなく、社会的文化的な結びつきが伴うようになっている。その結びつきの一つの形が「結婚」である。

結婚とは一種の契約だ。愛する二人、もしくは人生を共にする二人が、生涯を誓い合う契約である。その結婚という契約を、神や仏、人々の前で誓い合う儀式のことを「結婚式」と言う。

結婚式というと、某有名雑誌を例にとるまでもなく「女性のもの」もしくは「女性主体」と男は思っている。

実際結婚式を挙げることになり、式場と打ち合わせが始まったとしても、様々なこと(例えば花の豪華さやテーブルクロスの色など)を決める役割は女性が担っているパターンがほとんどだそうだ。

男が意見を出すこともあるだろうが、少ない事例といえる。しかし、先ほどの「結婚」というものを考えても、結婚式というのは何も女性だけのものではない。

むしろ、男がいるからこそ成り立つものだから、結婚式についてはつつがなく終わればいいと考えていては勿体なさすぎるのだ。

女性の場合は一生に一度の思い出と、結婚式をできるだけハッピーに、そして祝ってもらえるようにしたいと考えている。

だが、男だって結婚式と向き合うことで得られるメリットは多い。特に結婚式の参列者となる場合には……。

相手がいなくても結婚式には参加できる

出会いの場 結婚式

「結婚」や「結婚式」の話題をすると、そんな相手いないからなと、初めから自分と関係のない話と切り捨ててしまう人間がいる。

確かに、君たちが結婚をする、結婚式をするという話ならばそうかもしれない。しかし、実際には結婚式には、新郎新婦を祝福する参列者がいる。

そうした参列者になる可能性となると、君たちが結婚するよりもはるかに高い数値になる。そう、君たちに恋人がいようがいまいが結婚式には参加できるのである。

実際に、適齢期になれば結婚式の招待状が届くものだ。参加の可否は君たち次第だが、最近の傾向では親しい人のみを呼ぶ結婚式が多くなっているので、呼ばれて参加することが多いだろう。

また、親族の結婚式というパターンもある。兄弟や従兄弟が年齢が近いと、結婚式が続くこともあるかもしれない。

実はこの「参加する結婚式」というのは、出会いの場にもなっている。というのも、君たちの同級生が結婚式を行う場合は、当然その同級生の結婚相手は君たちと近しい年齢となる。だから、新婦側の参列者は君たちと結婚可能な人ということになるのだ。

もちろん、参列者たちが結婚していなければ、だが。しかも、新婦の知り合い、友人ということで、もし気になった女性がいた場合には新婦が間に入り、仲を取り持ってくれることも十分あり得る。それにより、通常の出会いよりも恋人関係になれる可能性が高いのだ。

職場や普段の生活で出会いが少ない、それでも恋人が欲しいと思っているならば、結婚式の招待状が届いたら参加することを勧める。

それはもちろん、親しい友人の門出を祝うからだ。しかし同時に、君たちの出会いを期待して、だ。

この結婚式参加のメリットを最大限に活かす方法を紹介していく。

結婚式の場を乱さず、出会いの場にする最低限のルール

清潔感 マナー 服装 身なり

結婚式への参加の第一義は、何といっても新郎新婦を祝福することだ。これは間違いない。

自分自身の出会いというのは期待は十分にしていいが、裏向きの目的と心得ておく必要がある。さもなければ、折角の結婚式の場を乱すことになってしまうからだ。

相手を祝福するに相応しい服装、立ち振る舞いができて初めて自分自身の出会いも見つけることができる。

反対に相応しい服装や立ち振る舞いができない状態で、仮に自分の出会いを探ろうとしても相手からは冷たい対応を取られることだろう。それら身だしなみや態度というのは、全て君の評価になるからだ。

では、どんな服装や行動が結婚式に相応しいと言うのだろうか。

一つは、無精ヒゲやぼさぼさの眉毛、寝癖のついた髪型はNGという身だしなみの部分だ。結婚式というのは、現代日本においては一生に一度のものだ。それ故に、ほとんどの結婚式は壮大に、また感動的になるようにプログラムされている。

新郎新婦に至っては正に「一生もののイベント」なのである。彼と彼女の衣装、髪型は事前に決められ、不備がないように準備されている。同時に、新郎新婦の両親にとっても重要な日であり、イベントである。

そうした「真剣に取り組みたい」という主催者側の思いがあるにも関わらず、招待された君が彼らの「一生の記念日」をきちんとしていない状態で参列することで台無しにしていいわけがない。

無精ヒゲもぼさぼさの眉も不潔だし、全てが整えられた中では浮いてしまうものだ。式に参列するときは、ヒゲを剃ることはもちろん剃り残しがないように念入りに確認をしておこう。

眉毛については伸びてきていると自覚がある場合には、しっかり眉をカットし整えておくことが必要だ。仮に自分では眉の処理ができないのであれば、美容院などに行き髪をカットするついでに眉も整えてもらうといいだろう。そうするだけで、君の印象は驚くほど変わる。

また着ていくスーツ、それに合わせるシャツ、ネクタイ、鞄、靴下、靴も事前に準備しておこう。

結婚式の場合、冠婚葬祭用のブラックスーツを着用するのが無難だ。もし持っていない場合は、結婚式への参加を機に一揃え持っておくと今後の人生で困らないだろう。

時々、結婚式=めでたい=白と思い、白やピンクのスーツを着ていく輩がいる。これは新郎と服装が被る可能性があり、かなり問題がある服装になる。

女性の参列者の場合も、事前に新婦にお色直しのドレスの色を確認し、色が被らないようにする。そうした気遣いは女性だけなく男もするのが、フォーマルな場だ。

スーツの下のシャツは無難に白を選んでおくといい。淡い色ならば問題はないが、白のシャツを持っておけば何かと使えるので基本は白、と覚えておこう。

ネクタイも白が基本で、シルバーやシルバーグレーといった色が主流となる。白いシャツに白いネクタイは変かと自分勝手に判断して、黒色のネクタイをつけたり、白色のネクタイは持っていないからとアニマル柄のネクタイをしたりするのは避けるように。

黒色は不幸を連想させるし、アニマル柄は殺生を連想させることから結婚式には相応しくないとされているからだ。

靴下に関しては、見えないから目立たないからと意識を回していない場合もある。が、それでも白色の靴下はNGだ。フォーマルな場では黒色のミドル丈の靴下を着用するように。

靴はストレートチップと呼ばれる、つま先部分に横一文字の縫い目が入っている革靴がいいだろう。こうした装いについては、フォーマルウェアを取り扱う店舗で相談すれば一式購入できるし、不足分だけでも購入できる。

結婚式に初めて参列する場合は特に基本を押さえたものを用意しておくといい。それ以降の招待についても慌てずに準備ができるようになるからだ。

もちろん、一度使ったものはクリーニングに出した後、然るべき保管をしておくように。さもなければ、次の結婚式への参加の時に改めてスーツを購入しなければならなくなることもあるからだ。

結婚式は新たな関係の出発地点だ。主催者側である新郎新婦はもちろんだが、参列者である君もピカピカのものを身に着けていく心掛けをしよう。

態度については闇雲に他の参列者に声をかけて回ることは避けよう。2次会や式の前後で他の参列者と話せる雰囲気の時に声かけをするのならばOKだが、それでも誰彼と見境なく、では君はもちろん招待した新郎の評価まで下げかねない行為だ。節度を持った態度をするように。

こうした身だしなみや態度は、当然他の参列者から評価される。社会人としてのマナーを弁えていることをアピールしつつ、その上で目当ての女性がいればコンタクトを取れる努力をする。

これが結婚式を出会いの場にするために、必要なことである。

友人、上司、同僚の門出に加え、君の出会いの場となる「特別な日」だから事前準備を

事前準備 メンズ脱毛

結婚式への参列には様々なパターンがある。

一つは友人からの招待。また、君たちの上司が結婚をする場合にも招待されることだろう。同僚の場合も然り、だ。もしかしたら部下の結婚式に招待されることもあるかもしれない。

それらは主催者にとって「特別な日」なのはもちろんだが、参加する君たちにとっても出会いが生まれる「特別な日」と言える。

その特別な日は、今日声がかかって明日あるなんてことはない。少なくとも3ヶ月は前に招待状が届く。つまりXデーまでには3ヶ月の猶予があるのである。

特別な日を本当に特別な日にできるかどうかは、その3ヶ月という期間にかかっていると言っても過言ではない。3ヶ月で何ができるのか、と思うかもしれない。

もしくはただ参加するだけで、出会いを意識していない場合は何の準備もすることなく当日を迎えていることだろう。しかし、何度も言っているようにそれではもったいないのが結婚式なのだ。

3か月あれば、少なくとも肥満気味の人間は痩せることができるだろう。結婚式に相応しい服を持っていない場合は買いそろえることができるだろう。

少なくとも3ヶ月=90日あれば、出会いを意識して、自分が負い目を感じている部分を改善することができる時間である。その時間を有効活用し、美意識を向上していくことで結婚式という華やかな場でも埋もれないオーラや魅力を身に着けることができる。

ヒゲや体毛に悩んでいるという場合には、結婚式への招待を機に脱毛を行うのの一つの選択肢である。

参列者がみなパリッとした礼服に身を包んでいる中、君の裾口からもじゃもじゃの腕毛が見えていては、神聖な場もがっかりな場になってしまう。それを避けるためにも、今後訪れるだろう君自身の結婚式のためにも、初めに「脱毛」をしてしまうのが計画性のある男だ。

自分で剃っていては、剃り残しや肌を傷つけるリスクが残ったままになる。脱毛であればそのリスクも解消できる上、3ヶ月あればもじゃもじゃよりもマシな状態になる(実際、満足のいく脱毛結果が欲しければ1年以上の期間が必要となる)。

そうしたことからも、結婚式に招待されたら脱毛を検討する、というのは今後の人生で大きなメリットとなる行為なのである。

今やメンズも当たり前!結婚式前におすすめしたいメンズ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼのおすすめプランはヒゲ脱毛5回コース58,800円。これは業界最安値だ。
ツルツルに無くしたい、部分的に残したいなどニーズに応じた施術ができる。
アフターケアも充実しているし、万が一の肌トラブルにも無料で対応してくれるぜ。
安いだけじゃない魅力がたくさんあるよな。まずは、無料カウンセリングへ行ってみてくれ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

RINXのヒゲ脱毛は、部位が7部位に細分化されているから、本当に脱毛したい部位だけをピンポイントに脱毛できるんだ。
無駄な出費がないからお得に脱毛できるぜ。
各部位5回コース2万円前後で受けられる。
しかもRINXでは、オリジナルの男性専用脱毛マシンを開発しているから、男性の様々なムダ毛の悩みにも対応。心強いよな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックで最もニーズが多いのはヒゲだ。
ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は平日11時〜15時のみ、4年間無制限で68,800円で受けられる。
時間外でもプラス20,000円で脱毛してくれるから安心しろ。
まずは24時間受付可能なWeb予約で、無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

イベント 最新記事

イベント 部位別ランキング

イベント お得ランキング

イベント その他ランキング

イベント 脱毛クリニック

イベント 脱毛エステサロン

イベント 部位別ランキング

イベント お得ランキング

イベント その他ランキング

イベント 脱毛クリニック

イベント 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック