menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年06月05日

女性にモテたかったら公務員になれ。仕事へのやりがい以上の人生の豊かさが訪れるぞ

職業で君たちの人生が決まる

公務員 モテる

君たちがまだ大学生で、就職先を決めていないのであれば、どんなところに自分が就職するのかということを想像することがあるだろう。

今バイトをしているヤツは、バイトで培ったスキルを活かせる仕事もいいなぁとか。インターンシップ制度を使って職業体験している場合は、同じ業種の他の会社を調べるとか。

また、既にお前たちが大学を卒業し、何らかの職についているのならば、仕事をすることに対する様々な思いを抱いていることだろう。

「やりがいがある」と前向きな意見を持つ者、「こんなつもりじゃなかった」と後ろ向きな意見を持つ者もいておかしくはない。

日本の雇用制度が昨今問題視されることがある。それはサービス残業が重なること、過労死を引き起こしやすくさせている、と。基本的に日本では一度就職すれば、余程のことや理由がない限り同じ企業で働くことが多い。

これは日本の雇用制度が「終身雇用制」を今も続けているためだ。会社のために働くという意識が生まれやすいため、企業が持つ技術力やオリジナリティを伸ばすことに向いている。

一方で、その終身雇用制がイマイチ上手く働いていないというのも現代の特徴かもしれない。つまり、企業がいつまでも存在しない、いつ倒産するかわからないという不安の中で働くことになるので、企業のために自分の命を削ってまで働くということに猜疑的になってしまうのである。

そうした意識が、「こんなつもりじゃなかった」という後悔につながっていくのである。だが一方で、かつてよりも転職に関しては理解されるようになっている。

企業をいくつも変わることで、スキルアップし更にいい条件の企業に就くのが当たり前になりつつあるのだ。そう考えると、一度就職した企業に対してというよりは、自分自身のために働くという意識が重要となってくる。

その意識が、お前たちの働く意欲を変えていくことは間違いないだろう。そうした自分を向上させる意識を持つのが苦手、というヤツも多い。

そういうヤツは、一般企業には向いていないかもしれない。何故なら、そういう思いを持っている場合は、日本のこれまでの雇用制度である「終身雇用制」を望んでいるからだ。

それが悪いとは言わない。むしろ、先の長い人生を考えた場合、案外この「終身雇用制」を重視する思いというのはお前たちの人生をより豊かにしてくれるかもしれない。

仕事について、どんな場所に就職するか決めかねている。既に仕事をしているが、自分にこの仕事は合っていない。今の仕事では出会いもなければ、ときめきもない。そんな悩みを持っているのであれば、今回の内容をぜひ参考にして欲しい。仕事に対する新たな考え方が持てるようになるだろう。

ちなみに、とあるサイトで女性にモテる職業のランキングが発表されていた。それによると、【1位 公務員】【2位 医師】【3位 弁護士】となっている。

この3つの職業に共通しているのは【収入】と【安定】の2つだ。医師や弁護士といえば、国家資格が必要な職業で一度なってしまえば一生涯保証される、というイメージのある職業だろう。

同時に、年収が高いこともよく知られている。しかし、モテ職業の1位は医師でも弁護士でもなく、公務員だった。

女性が結婚する相手に求めるもので、収入というのが外せないと多くの人は思っている。そうであるならば、医師や弁護士がより高い順位になっていてもおかしくはないが、結果は違った。

ということは、女性が男に求めるものは「収入だけではない」というのが明らかだ。とすれば、男たちは自分が就く職業で、「モテたい」「いい女と結婚したい」といった思いがあるとしても、何も高い収入がある職業についていることにこだわらなくてもいいのではないだろうか。

公務員というバランス重視型の職業(女性目線で)

モテる 職業 業種

モテ職業1位になった公務員だが、「一度就職したらもう就職活動はしたくない」「どうせならモテる職業に就きたい」「どの仕事もしんどいのならば、しんどさが報われるところがいい」といったことを考えているなら、いい就職先だろう。

公務員というとハードルが高いと思うヤツもいるだろう。確かにそれは否定しない。何故ならば、企業に就職する人数と公務員になる人数で見ると、全国的に一般企業は約380万人、公務員は約275万人となっている。

その差は働く全世代で約100万人だ。この差を大きいと感じれば、やはり公務員になるのは難しいと言わざるを得ない。しかし案外それほど大きな差ではないと感じるヤツもいるだろう。

公務員というと働く場が多くあるワケでないのにどうしてだろう?と疑問に思うかもしれない。それは公務員と一口に言っても、幅があるからだ。

公務員についてあまり調べたことがないヤツでも知っている公務員といえば、「学校の先生」「市役所の職員」「警察官」などではないだろうか。

それ以外にも、市立病院のスタッフ、自衛隊、保育士、消防士、衆議院参議院事務員といった職に就く人も公務員だ。そう思っているよりも公務員の職種は多い。

しかし多くの場合は、専門の知識や経歴が必要となってくるので、これまで公務員になるつもりはなかった、という人がなるとすると「市役所の職員」や「警察官」「事務職」がメインとなってくるだろう。

そうした数多い「公務員」だが、どんな職種でも人気かというと実はそうではない。人気の職種は「市役所」「消防士」「海上保安官」である。反対に人気のない職種もある。それは「自衛隊」「警察官」である。

公務員であるので、その安定感はいうまでもなく抜群だ。当然、収入面でも保証されている。自衛隊や警察官になった場合は、それほどモテないのだという。何故かといえば、人気と不人気の職種を比べてみるとよく分かる。

人気の職種は基本的には住む場所が変わらない。一度就職してしまえば、同じ職場に通勤することになる。しかし自衛隊や警察官は地方への転勤が度重なる。当然、結婚相手もその転勤に付き合うこととなる。それが女性には気になる点のようだ。

男にしてみたら、職場という戦場で名を上げ出世をしていくことはやりがいのある、大儀あることだと感じるだろう。しかし女性にしてみれば、そんなこと鼻くそ程度の価値しかない。

それよりは、(戦場であれば)命の危険がないこと、毎日帰ってくること、お金を持って帰ってくることの方が価値が高いのだ。つまり女性にとって相手の男に求める仕事とは、時間と収入のバランスがいいもの、ということになる。

特に付き合う、結婚相手を見極める際には、そのあたりの安定感を重視しているのだ。そうなると、就職すれば収入の安定する公務員で、かつ転職の恐れが著しく少ない市役所の職員、消防士、海上保安官が人気となるわけだな。

公務員の魅力はまだある(もちろん女性目線で)

公務員とは 清潔感重要

このように女性の生き方、ライフスタイルに合った職業ということで公務員(一部除く)は人気だ。

しかし、それだけはない公務員が人気の理由がある。それは見た目の清潔感だ。市役所の職員は、「すべて職員は、全体の奉仕者として」と地方公務員法で定められている。収入もライフバランスも安定している一方、市民からは褒められることがないのが公務員なのである。

「税金を貰っているんだからやって当たり前」なのである。当然、見た目にも文句を言われやすい。軽い印象を与える外見は特に市民からひんしゅくを買う原因となる。

結果、市役所の職員を筆頭に公務員になると他人に不快感を与える外見は避けるようになる。それが、見た目の清潔感になっていく、というわけだ。

一般の企業に勤めているのであれば、休みの日にどんな服装をしていようがあまり注目を集めることはない。ただ、公人と呼ばれる公職にある人(それにはもちろん公務員も含まれる)には、職場が休みだからというのは通用しない。

例え職場が休みであっても、公職に就いていることは間違いない。だから、休みの日の服装や行動も市民から監視されていると言える。市民もそこまで公務員の顔を覚えているわけではないが、少なくとも何か不具合があればメディアも、一部の市民もだまってはいない。

公務員のイメージといえば「真面目」というものがあると思うが、真面目すぎるほど真面目な方が公務員に向いているのはそうした背景もあるのだ。

モテる男になるためにこれまでいくつかアドバイスをしてきたが、その中で女性は「清潔感を重視する」「不潔なものは嫌いだ」ということを何度も書いてきた。

清潔感を身に着けなければならない立場にある公務員は、その部分でも女性の「お眼鏡」に適うのである。

公務員になるためにできること

公務員になるためにできること

モテる職場で働きたい、将来いい相手と結婚したいといった希望を叶えることができる「公務員」。モテたい男たちだったら、この選択肢を見逃す術はないな。

では公務員になるためには、どんな方法があるのかを簡単に紹介していこう。

まず公務員には、高校卒業の時点からなることができる。文部科学省の発表によれば、現在の日本では高校卒業後の大学・短大進学率は5割を超えている。

専門学校進学まで含めれば7割ほどに達するため、高校によってはほぼ全ての生徒が就職ではなく進学を選ぶ。そのような中で、高校卒業後に「公務員になろう」と思ったヤツは少なかったかもしれない。だからこそ、今大学生をしているというヤツも多いだろう。

大学や短大卒業後に公務員を目指す場合、学校の学生部から出される案内や公務員になるための講座などに参加するのがいいだろう。もし既に就職してしまっている場合でも、もちろん公務員になれる。

多くの公務員の募集では30歳までは毎年応募をすることができる。では30歳を過ぎていたら無理か、といえばそうでもない。社会人(職務)経験を積んでいることが条件で、公務員になることができる。

就職後に公務員になりたいと思ったならば、公務員合格を謳う塾に通う方法と自力でどうにかする方法がある。塾に通えば、必要な情報もやるべきことも教えてもらえるのでかなり短縮ルートで公務員になることができるだろう。

ただ自力であっても無理な話ではない。その場合は、応募が始まった時期にしっかり応募をし、試験に通る必要がある。塾にしろ、自力でやるにしろ、公務員の募集が始まったら何か始めよう、では遅すぎる。それでは試験の準備をするのでいっぱいいっぱいだろう。

先ほども言ったが、公務員というのは「全体の奉仕者」であることを求められる。そのためには、勉強のほかにも見た目、所作の面でも公務員に適う人間になっていなければならない。

公務員になったら見た目を変えると思っている人間は、恐らく公務員試験は通らないだろう。そもそも勉強に関しても、大学受験を思い出させる範囲の広さだ。

一朝一夕でこなせる範囲ではない。毎日少しずつやっていき、試験当日までに全範囲を網羅する。それに加えて、論文対策も行い、当日に出た課題で戸惑わないようにするというのが、一次試験の対策になる。

その一次試験を通過した後は、面接試験が待っている。面接では当然見た目、所作、話し方、受け答えの内容が見られている。これもまた一朝一夕ではどうにもならない。

普段から市政の行うこと、国の行うことを知り、その上で自身の考えを持つことを習慣づける必要があるだろう。更に見た目でも、スーツの着こなし、持ち物は適当であるか、髪型など全身がチェックされる。

先ほど女性にとって公務員が魅力的に感じるのは、彼らに清潔感があるからだ、と書いた。服、持ち物、髪型、そしてヒゲなど体毛を含めた清潔感はこの面接時から重要となってくる。

何故なら実際に公務員となった場合、不都合な人間に職員になってもらっては大変だから当然だ。公務員になると決めた日から、コツコツとした積み重ねが試験の結果に響いてくるのである。そしてこのコツコツとした積み重ねは、公務員の仕事内容も然り、だ。

つまり試験対策を行うことがイコール公務員を続けていけるかどうかのふるいにかけられているのである。試験対策でつまずいている。公務員試験に何度かチャレンジしているが通らない、という場合は公務員になること自体に無理があるのだ。

モテ職業「公務員」は、恐らくお前たちが思っているほどなることは難しくない。しかし、そのためにはお前たち自身の努力が必要になってくる。

その努力をすることができるのであれば、是非とも「日本一モテる職業」=「公務員」を目指して欲しい。

第一印象をよくするために!ヒゲ脱毛のおすすめ脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼは全国16院どこのクリニックにも経験豊富な医師が常駐
メンズリゼのおすすめプランは業界最安値のヒゲ脱毛5回コース58,800円だ。
クリニックだが、再診料・解約料・キャンセル料・剃毛料などの追加料金一切かからない。
しかも業界最長5年間保証つきだ。選ばないわけがないよな?

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINX

RINXでは、ヒゲが7部位に細分化されていて、好きな部位だけを脱毛できるのが特徴だ。
それぞれ1部位2万円前後で5回コースを受けられる。
コース終了後に気になる毛があったら、1回の施術を80%OFFで脱毛してくれるぜ。
気になったら無料カウンセリングへ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

インパクトのある名前で、知名度が高い「ゴリラ脱毛」。
ヒゲ脱毛でニーズの多い部位である鼻下、あご、あご下の3部位セットが平日11時〜15時のみの4年間無制限で68,800円で受けられる。
時間外でもプラス20,000円で脱毛してくれるぜ。
ヒゲが濃い人にはうれしい無制限プランだよな。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ビジネス 部位別ランキング

ビジネス お得ランキング

ビジネス その他ランキング

ビジネス 脱毛クリニック

ビジネス 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック