menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年03月15日

「ただしイケメンに限る」が通用しない短パンコーデ

短パン、それは若さのシンボル

短パン メンズ脱毛

短パンも市民権を得てきたな。

膝上から膝下まで丈も様々だが、アパレル業界では夏が近づけば必ず新作が出るアイテムでもある。

それだけ多くの野郎どもが短パンにチャレンジしている。

そして、ファッション誌を見ればわかるが、その短パンには男らしさを感じる。

かつては短パンといえば、半ズボン。半ズボンといえば「男の子」だから、大人の男たちが履くなんて非常識だった。

しかし今は違う。短パンを着こなせてこそオシャレなのである。もうそれができたら、「おしゃれ泥棒」だ。

しかし今でも「いい年」になってくると、短パンには引け目を感じて履けなくなってくる。

だからある意味、短パンを履けるってことは精神的にまだまだ若いってことを意味している。

……が、この短パンにはかなり危険なリスクが伴っている。このことを知らずに短パンを履くと、お前たちは自分のモテコーデをそのまま地に落とすこととなろう。

これは顔の偏差値に寄らない。

そう、例え偏差値40以下でも80以上でも同じ結果になるのだ。短パンコーデはお前たちが憧れるあのイケメンと同レベルで競うことができる、数少ないチャンスとも言えよう。

つまり反対に、そこさえクリアできればお前たちの短パンは、イケてる男になれ、モテる男になれるってわけだな。

すね毛×もも毛で女性たちの精神に大打撃

オシャレをする理由は人それぞれだと思うが、根底には女性からかっこいいと思われたい、好意的に見られたいというものだろう。

そこから考えると、オシャレに女性目線は不可欠ということがわかる。

世のファッション誌の表紙を見比べる、なんてことは業界人しかしないだろうが、してみると「男らしさ」「イケている」ことをテーマにしたキャッチコピーが並ぶ。

これは正に「モテ」を言い換えた言葉だ。言葉に出さずともそれが伝わるから、お前たちは雑誌で紹介されていたスタイルを真似たり、購入したりする。

だが、ファッション誌(これにはネット上のアパレル情報も含まれる)では、ある大切なものが欠けていることが往々にある。

それは「女性の実際の声」である。

どういうことかというと、確かに女性受けを狙ったコーディネイトが数多く紹介されているが、そのスタイルを実際にしたときの「注意点」=女性を不快にさせるポイントが表現されていないのだ。

すべてが美しく、そして理想で語られるのがあの手の情報と知っておこう。

情報に踊らされていては、ITリテラシーを疑われる人間判定されてしまうからな。

メンズのファッションに特に鋭い評価を下すのは、やはり若い女性だ。彼女たちは自分自身を磨くことにも余念がないため、周りにもそれと見合うだけの見た目、努力を求めやすい傾向にある。

そこで女子大生に聞いたアンケートでメンズの気になる毛事情について発表する。

そこで多くの女性たちが挙げたのが、そう、短パンを履いた時のムダ毛だったのだ。

正確には、短パンを履いた時に見えるムダ毛だが、それは具体的に言えば「すね毛」と「もも毛」だ。

男からしてみれば、すね毛ももも毛も男なら濃くて当然という毛ではある。しかし、それでは女性たちは納得しない。彼女たちがそう感じてしまうのは、きっと彼女たちにはそれらの毛が常備されていないからと思っている。

体毛を濃くするのは男性ホルモンの働きだと言われる。

思春期頃から分泌が盛んになり、25~30歳くらいでピークを迎えるこのホルモンの影響で、幼い頃は体毛が薄かったのに大人になって色々な部分の毛が生えてきた、濃くなってきたという経験をしたやつもいるだろう。

それらは男性ホルモンの影響だ。

この男性ホルモンは当然男性の方がより多く分泌される傾向になる。その量は男:女だと、20:1という開きがある。だから、女性の体毛が薄いことは女性にとっては至極当然のことなのである。

そうなったときの女性たちの思考を一つ紹介しよう。

女性たちだって男の方がより体毛が濃いことくらい承知だ。だから、動物のような毛で全身が覆われている状態を100とし、「自分たちが処理をしなくて生えている毛」を10くらいと考えたとする。

そうしたとき、男性側には多く見積もっても30くらいの毛でいて欲しいと思うようだ。

しかし、それは「ヒゲ、わき毛、陰毛」といった生えていてしかるべき毛を前提としている。

だから、それ以外の「背中、胸、乳輪周り、ギャランドゥ」なんかの毛が生えているだけでも女性にとっては、数値的に50くらいになってしまう。

それに加えて、腕毛や脚毛といったムダ毛も「常識の範囲」で生えていて欲しいと思っている傾向になる。

男にしてみれば「常識の範囲」でも女性にとっては常識外なのが、このあたりの毛だ。

先に触れたアンケート内でも、「顔に似合わず濃い」「一緒に歩いていて恥ずかしい」「単純に汚い」といった手厳しいコメントが出ていることかも男女での毛への認識の違いがわかる。

更に彼女たちはこうも言う。「イケメンでも脚の毛が無秩序なのは引く」と。

そう、多くの事柄で女性たちから「おまけ」してもらえる立場である、あのイケメンという生き物ですらすね毛、もも毛がもさもさしているだけで恋愛対象から外されてしまうのである。

男にとってこれはかなり衝撃的な事実だな。

脚の毛が、そこまでの破壊力を持っているなんて、これまで考えたこともなかったからだ。

学校での集団生活内で、同じ年の同性とつるむことは多々ある。その時でも、お互いに脚の毛が生えていることが普通だったし、反対に生えていないやつの方が気にしていた。

それにも関わらず、男女一緒になった世界ではその価値観が逆転してしまうのである。

つまり、毛は生えていない方がよい、という。

もはやお前たちは、これまでの常識が覆された世界で生きているということを肝に銘じておくべきだ。さもなくば、お前たちが意図する意図せずとを限らず、女性たちに不快な思いをさせてしまうことになろう。

そしてそんな常識がないお前たちが短パン。危険にも程がある行為だったな。

男心と書いて「冒険心(ぼうけんしん)」と読むのは結構だが、その冒険に付きまとうリスクも考えた上で判断して欲しい。

もちろんダメージジーンズのすき間も油断禁物だ

ダメージジーンズ 脱毛

さてこれまでは「短パン」をテーマにして話を進めてきた。こうなると「俺は短パン履かないしな」と、戦線離脱を訴えるやつが出てくる。

こうした自分は関係ないから、というスタンスをとる人間ほど実は「しでかしている」パターンが多い。それは、明日は我が身、我が事として捉えるという認識力が欠如しているからだ。

今回の内容で言えば、話は短パンであるが重要な点は「脚毛=すね毛、もも毛」であるということだ。

それらの毛が女性たちに与える悪影響をよく理解していれば、短パンを履かずとも……ということまで発想できてしかるべきだが、「関係ない」の一言で他人事を決め込むとそうした発想ができなくなってしまう。

すると、ダメージジーンズであるとか、裾を折り曲げるといった行為を「うっかり」してしまうのである。

ダメージジーンズはワイルドな男らしさをアピールできるファッションアイテムであるが、そのワイルドさゆえお前たちのすね毛やもも毛を覗かせる穴さえ作ってしまっている。

ジーンズの繊維かと思ったら長い毛だった、なんて女性たちにとってはホラー映画に匹敵する恐怖だ。

しかも男はこうしたことに気づかないが、女性の目には特殊なセンサーが付いているのか街ですれ違っただけでも気が付いてしまうので更に始末に負えない。

家を出る前に全身鏡でのチェックは、身だしなみをエチケットとする現代人には当然の行為だが、そうしたときにも気づかなったでは結果が同じだ。

脚の毛がこんにちはしていないかどうかは、社会の窓が開いていないかどうかくらいの必死さで確認して欲しい。

裾を折り曲げる行為も同じだ。これは不測の事態で行うこが多いが、突然の雨降りで足を拭く、思ったよりも暑くて折る場合でもその瞬間に足の毛が見えてしまっていることを覚えておくように。

そうしておけば、女性たちが周りにいる中で不用意にまくることはしなくなるだろう。

こうした気遣いを男である我々は常にしておくべきだが、いつでも気を張っていては疲れてしまうよな。それは分かる。だからオススメしたいのがメンズ脱毛だ。

脱毛さえしてしまえば、不測の事態でも、突然短パンを履きたくなったときでも何の憂いもなく過ごすことができる。これはかなり気分的に楽になるだろう。

しかし「大人の男」としてのシンボルでもある濃い毛をなくすことに抵抗があるやつらもいるだろう。それは自分のアイデンティティの一つを失うかのような喪失感かもしれない。

だが、安心したまえ。メンズ脱毛に対する世の女性たちの意見は、おおよそ「肯定的」だ。

お前たちが自分の身体をメンテナンスすることに好意的な意見はあれど、それにより男として見られなくなるということはない。

反対にムダ毛を野放しにしていることで、男として見ることができなくなることはあるようだから、毛は脱毛しておくに限る。

どの部位を、どれくらいの濃さ(毛の量)にするか、ということは全て自分の思い通りにできるのもいいな。

自分を磨けば、それだけお前の魅力が彼女たちに伝わりやすくなる。それがモテ男への大切な心掛けってことだ。

思ったより安い!オススメの医療脱毛クリニックTOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
おすすめ第1位は男性脱毛専門のメンズリゼだ。

メンズリゼでは、どこよりも安い299,000円で全身脱毛5回コースが受けられる。
しかも、脱毛におけるすべてのリスクを無料5年間保証をしてくれるんだ。これは業界最長の保証期間だぜ。
まずは、無料カウンセリングを受けてきな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニック
第2位は渋谷美容外科クリニックだ。

都心部を中心に渋谷・新宿・池袋・横浜の4院を展開しているクリニックだ。
渋谷美容外科クリニックでは、全身脱毛5回コースが410,400円で受けられるんだ。
メンズリゼの次に安く、永久脱毛が出来るクリニックだな。

詳細はこちら>>> http://shibucli.com/mens_datsumou/?_ga=1.195319146.739565865.1475720120

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位はゴリラクリニックだ。

多くの著名人・アスリートもここを訪れてるって噂だ
ゴリラクリニックの全身脱毛5回は570,000円と少々お高めだが、
どんな剛毛でも処理できるスゴ腕前医師が勢ぞろいらしいぜ。

詳細はこちら>>> http://hige-gorilla-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
キーワード
話題の記事