menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年03月14日

満員電車でも気を抜くな!女性の鋭い視線をかいくぐれ

距離ゼロ空間である満員電車でお前は毎日試されている

満員電車 至近距離

満員電車は嫌なものだ。あれだけ他人と密着するなんてことは人類史上恐らくそうないことだろう。

そもそも人というのはパーソナルスペースというものがある。

これを初めて言ったのはアメリカの人類学者であるエドワード・ホールだ。

彼の説では、我々とそれを取り巻く環境との距離には様々な距離感が存在するという。パーソナルスペースもその一つだ。

パーソナルスペースの距離感は、45cm程度だと言う。最も、民族などにより若干の誤差があるので、この45cmでも近すぎると思う人もいるだろう。

日本人は他人とはある程度の距離を保っている方が、心地よいと感じる民族だからな。そう、だから自分から45cm以内に入ってくる相手というのは、自分と親しい相手であって欲しいというのが、人の感情なのである。

そこにもってきて、距離感ゼロ。密着状態の満員電車だ。これがストレスにならないわけがないな。

夏であれば、クールビズの影響で半袖シャツを着るやつも多いから、肌同士が直接触れ合うこともある。朝から不快感MAXだ。

こんな夏の日は、ブラウスを着こなした女性でも見て目の保養をしたいところだが、残念ながら密着度もMAXの電車の中では顔を動かすことすら大変だ。動かしたら、隣のやつの頬やら唇と接触する恐れも高いからな。まぁ辞めておいた方が無難だろう。

さて、基本的に野郎同士の急接近について話してしまったが、不特定多数の乗る電車だから隣人が男性になるとも限らない。

自分と同世代の女性になることもあれば、うら若き女子高生と密着なんてことも十分にあり得る。それが妄想するようなエロい展開にならないだけで。

むしろ、そうした若い女性と密着したときには昨今は「痴漢疑惑」をかけられないように、対策するため冷や冷やしなければならないやつもいるだろう。

つり革をしっかり握る、腕を網棚に置くなどが一般的な対処法ではある。そうした紳士的な行動をしているにも関わらず、お前たちは近くにいる女性から嫌な顔をされたという経験はないだろうか。

それは彼女たちが不快感を示した証拠である。

そう、満員電車は人と人との距離が限りなくゼロに近い。そのため、本来であれば段階を踏み入ることが許されたパーソナルスペースに土足で入り込むこととなる。

これにより、外部からの侵入者、つまりお前たちはとりあえず「敵」と見なされ、女性にとって害をなす人間であるかないかをチェックされることから生じる。

満員電車の中で常にお前たちは「男」として試されているとも言えよう。とは言え、お前たち自身は自分に落ち度があるとは思っていないから何のことなのかさっぱりと思い、男同士で密着するレベルで朝から不快感を増すことになろう。

今回は、男が知っておきたい満員電車の攻略法を伝授しよう。

見逃せない!女は目と顔色で心を物語る

不快感 嫌悪感

まず、女性の感情をどこから読み取るかということから紹介する。

女性は感情が豊かな生き物であると同時に、感情を隠すことにも秀でている。

そのため、彼女たちが隠そうと思えば、男が女性たちの気持ちを性格にうかがい知ることは難しい。

その仮面は特に自分と利害関係がある場合に被っているようだ。例えば、上司、同僚、親、夫、恋人などだな。そうではないその場限りの場合、周りの空気を乱さない程度には女性たちは感情を露呈させる。

満員電車なんかはそのいい例だろう。満員電車には毎日多くの人間が乗る。毎日同じ時間の同じ車両という場合は、顔を見知った相手も出てくることもあるだろう。

しかしだからと言って知り合いになるかと言えばそうではない。今日もいつのも人がいるな、と思う程度の顔見知りだ。

それくらいの関係だと、例え相手が不快感を抱いたとしても自分の生活に大きな影響はないという判断からか、女性の表情が分かりやすい。

その際に、どこで表情が分かるかと言えば「目」と「顔色」である。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがある。相手と目があった瞬間に、好意か嫌悪かが何となくわかる。少なくとも嫌悪はわかりやすい。

それは眉や瞳に違いがあるからだ。顔色は、顔のこわばりや角度なども関わってくる。

好意的であれば、視線をお前たちに向けようとする態度が見られるが、嫌悪感を抱かれると意地でも目を合わせない頑なな態度になる。顔の必死さがそのかたくなさを物語る。

お前たちがもし満員電車の中で、女性たちのそのような様子を感じ取ったら、彼女たちはとても嫌な思いをしているということになる。お前のすぐ近くであれば、お前に原因がある可能性が高い。

もし、お前から遠いところで女性がそんな目や表情をしていたのであれば、もしかしたら痴漢にあっているのかもしれない。

困った女性を助けるのは紳士として当然の行為だ。そうした事実があれば、お前が彼女を助けてあげることに躊躇はいらないだろう。

が、もしお前が原因だと思われる場合。それはお前自身が改善を要求されているのである。

では一体、女性たちはお前たちのどんな部分に不快さを感じているのだろうか。

顔の毛がお前も彼女も地獄へと導く

毛 ヒゲ 鼻毛

若い女性たちが満員電車の中で不快に感じるもの。

それはずばり、お前たちの「毛」である。

現役女子大生に男性の毛について尋ねたアンケートがある。

その中で、「ヒゲが濃い顔が嫌い」「眉毛が太すぎて、整えられていないのは生理的に無理」「鼻毛が出ていると気持ち悪い」「ノド仏に毛が生えていてひいた」といった顔の毛に対する厳しい意見が並んだ。

「顔」と言えば、比喩で一番表立ったものやことを指す。これは顔が他人からの最も強く意識される部位というところからきている。

つまり、初対面の人でもそうでない場合でも、人は他人と会ったとき、また近くに来た時には相手の顔を必ず確認するということだ。

そうした確認は、自身の身の安全を守るという意味でもとても大切な行為だ。

やはり危険な人物というのは、それ相応の顔をしていることも多いからな。

女性たちが満員電車の中で、お前たちの顔をチェックしていても不思議ではなかろう。そのチェックはイケているか不細工かというものだけでなく、先ほど触れた「毛」に関しても含まれる。

どうして「毛」の確認をするのか。それは毛が整えられていないことが不潔と感じるからである。

お前たちの看板でもある顔が汚い状態ということは、言わずもがな体も汚いということだ、という方程式が成り立つのは簡単だ。

そうした不潔な存在が近くにいる、と思ったら女性たちの不快な目、表情にも納得がいくのでなかろうか。

しかしお前たちが、顔の毛くらいはしっかり処理していると信じている。朝、ヒゲを剃るのは社会人としてエチケット以前のマナーだろう。

ここがなくてOKというのは、それだけフランクな会社や業界ということだから、満員電車に乗るなんてことは少ない。だから、満員電車に乗るお前たちにとってヒゲを剃るというのは、朝顔を洗うレベルでしていて当然の行為だろう。

しかし、改めて女子大生たちの声を見てみると、ヒゲの話題だけではなく、眉毛や鼻毛、ノド仏の毛にまで触れられている。

ここまで毎朝チェックしているか?と尋ねられると、詰まるやつも多いんじゃないか?ヒゲは剃っていても、剃り残しがあれば不潔に見えるだろう。きっちり剃っていても、青く見えていては「毛が濃いです」と告白しているも同然だ。

眉は自分で処理することもできるが、自分の顔に合ったデザインをしないと痛い目に合うだろう。

鼻毛はまぁ鼻毛カッターやハサミで定期的な処理をすすめる。

ノド仏は急所の一つでもあるので、下手に刺激しないほうがいい。ここに毛が生えているやつは、大変だろうが一本ずつ抜くのがいいだろう。と、顔だけでもこんなに手間のかかる毛の処理。

しかし、女子大生が満員電車で感じている「毛」への不満は顔だけには収まらないのだ。

「電車内で男の人に当たったらチクチクした」というのがそれだ。どこの部分が当たりチクチクしたのかは定かではないが、女性の柔肌を傷つけることは大罪に値するだろう。

しかもその原因がお前たちの体毛なのだから、対処のしようはありそうだ。

自己処理(シェービング)というのも、処理の仕方としてはあるだろう。

しかし、やはりおすすめはメンズ脱毛だ。どうしてメンズ脱毛をおすすめするかと言えば、毛に関する知識が付くこと、プロによる処理なので自己処理よりもトラブルが少ないことが挙げられる。

そして、毛をなくす=永久脱毛も可能というメリットがある。

毛があるだけで女性たちを不快にさせてしまうのなら、その原因をなくしてしまえばいいのだ。何とも単純明快、簡単な答えではないか。

エチケットも社会人の基本だ

メンズ脱毛 エチケット

毎日毎日、満員電車に揺られて会社に行くお前たち。時々、その理由を見失いそうになるだろう。そんな時は、自分がしたいこと、夢をいったものを再確認するといい。

どんな苦労をしても、その先に求める未来があるのであれば頑張れるというものだ。そうした未来に向くお前たち社会人にとって、身だしなみを整えるということはとても重要だし、必要なことだろう。

エチケットとも呼ばれるが、普段から清潔感を心がけているだけで周りからの信頼も厚くなるので、気にするにこしたことはない。

また、毛の処理も身だしなみには大切だ。毛が生えることは生きているものにとっては当然のことだが、処理されず伸びている状態というのは身だしなみが整っていない状態だ。

自分自身をメンテナンスし、仕事相手や周りに不快感を与えないことは社会人としての基本と言えるだろう。たかが毛とお前たちは思うかもしれない。

しかし、「毛」や「毛の処理」を通し、周りの人はお前の常識、社会人としての基本を測っているのである。

毎朝慌ただしく支度をし、満員電車に飛び乗るお前たちにこそ、メンズ脱毛は大きな意味がある。

朝の時間がたった5分短縮できるだけでも、きっとお前たちの朝は清々しいものとなるだろう。

そして、電車の中でも女性たちに不快の目を向けられることもなくなる。精神衛生的にこれ以上ない毎日のスタートを切るためにも、メンズ脱毛を始めてみないか?

おすすめメンズ全身脱毛ランキングTOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
おすすめ第1位は男性脱毛専門のメンズリゼ

メンズリゼでは、メディオスターという最新脱毛機を使用。
全身脱毛は、業界最安299,000円(5回)で受けられる。
しかも、脱毛におけるすべてのリスクを無料で保証してくれるのもメンズリゼのポイントだ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第2位はゴリラクリニックだ。

男性脱毛の症例数187,000件以上の実績を誇る男性脱毛専門クリニックだ。
全身脱毛5回の料金は570,000円と少々お高めだが、
男性に特化した脱毛を行ってきたからこそ高い脱毛技術力を保有してるから安心して任せられるな。

詳細はこちら>>> http://hige-gorilla-datsumo.com/

第3位 RINX

RINX
第3位はメンズ脱毛サロンのRINX

RINXの全身脱毛4回コースが315,000円で受けられる。
コース終了後も都度払いで追加施術を受けることも可能だ。
RINXと他のエステ脱毛との違いは、脱毛に関して豊富な知識を持つ脱毛技能士が各店舗に常駐してサポートしてくれるんだ。安心だな。

詳細はこちら>>> https://mens-rinx.jp/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

モテる男の脱毛流儀 部位別ランキング

モテる男の脱毛流儀 お得ランキング

モテる男の脱毛流儀 その他ランキング

モテる男の脱毛流儀 脱毛クリニック

モテる男の脱毛流儀 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
キーワード
話題の記事