menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2018年02月27日

神戸には「100万ドルの夜景」よりロマンチックな夜がある

神戸の魅力は昼だけじゃない!夜も楽しめるのが神戸

南京町

神戸はデートにもってこいのロケーションだ。

横浜、長崎と並ぶ日本三大中華街の一つとして知られる「南京町」がある。東西200m、南北110mの中に100あまりの店舗が軒を連ねている。

チャイナタウンらしい店もあれば、雑貨の店やカレー屋もあり賑やかしい商店街なのである。

地元に住んでいるとあまり行かない場所ではあるが、デートでは是非とも言って欲しい場所である。

何故なら南京町では食べ歩きができるからだ。デートと食べ歩きの相性はいい。一つのものを分け合って食べたり、いろいろなものに挑戦したりする中で、二人の距離が近づくからだ。

朱色を基調とした建物もあり、豚まんと合わせて写真を撮ればSNS映えする一枚が撮れるだろう。

食べ歩きをしてお腹を満たし後は、ちょっと坂を上って異人館に行く。すると、一つひとつが個性的な館に次々と合うことができる。

可愛らしい雰囲気のものもあれば、これぞ洋館といった佇まいのものもある。中には、座れば願いが叶うという「サタンの椅子」がある館もあり、連日行列ができている。

インスタ映えするアイテム&デートで盛り上がる要素がたっぷりある。それがデートにもってこいの神戸なのである。

が、ここまでなら修学旅行生と同じである。それだけでは神戸の魅力は半分しかわかっていない、と言わざるを得ない。

やはり、神戸を満喫するためには昼だけじゃなくて夜までしっかり遊ばなければならない。

神戸は山と海との距離が狭く、短時間で移動できる街である。これは他の都市ではなかなかない特徴であり、神戸デートのだいご味とも関係している。

今回は神戸のデートに欠かせない夜の過ごし方を紹介しよう。

オススメのデートスポット6選

神戸の夜デートでは山から海までの範囲を網羅するのがいい。

移動距離が短いので、どちらも楽しめるのである。山から海から神戸の街を楽しめば、昼とは違ったロマンチックな街が浮かび上がってくるだろう。

1.神戸の夜景

摩耶山掬星台 夜景

何といっても欠かせないのは、日本三大夜景とも言われる摩耶山掬星台から臨む夜景だろう。

「100万ドルの夜景」とも言われるが、この表現は関電の副社長が広報誌に書いた言葉が由来だと言う。

そして意味としては、六甲山から神戸を見下ろしたときに見える神戸の街並みの電気代が、当時(1953年)の価格で一夜で100万ドルだったからだとか。

1953年当時は1ドル360円の時代だったので、100万ドルと言えば3億6千万円になる。想像を超える電気量であり、それだけ明るい夜景が楽しめたことがわかる。

2.異人館周辺

異人館

また昼間に行っても楽しめる異人館も夕方頃に訪れれば、昼とは違った趣を楽しむことができる。

三ノ宮から異人館に行く前の北野坂のライトアップ、スターバックスのコンセプトストアはどちらも女性うけするはずだ。

3.市役所

神戸市役所width=

市役所は昼間行くもの、というのが通常だが、神戸の場合は夜に行って欲しい。

それは市役所24階展望ロビーから、神戸の街並みを見下ろすことができるからだ。

南側からはポートアイランド、メリケンパークなどの臨海地域の景色を楽しむことができ、北側からは北野町や六甲山系の山の景色を楽しむことができる。

4.メリケンパーク

メリケンパーク

神戸のランドマーク神戸ポートタワーをはじめ、神戸を代表する建物が多く集まる。ここで写真を撮れば、「神戸だね」と誰もがわかる一枚が撮れる。

ショッピング施設「umie」で買い物や食事を楽しむことができる。港町神戸には、日本でも有数の豪華客船が寄港することでも知られており、タイミングさえあえば素晴らしい出会いがあるだろう。

5.神戸ベイクルーズ

神戸ベイクルーズ

豪華客船を見ているだけでなく、実際に乗ることができるのも神戸ならではの楽しみだ。

神戸港を遊覧する神戸ベイクルーズでは、関西最大級の豪華遊覧船「ロイヤルプリンセス号」に乗ることができる。

2階建てで、豪華な船内から神戸の夜景を海から堪能すればロマンチックな雰囲気になること間違いなしだ。

6.ルミナリエ

ルミナリエ

1995年に起きた阪神淡路大震災の鎮魂、復興のために行われるのが「神戸ルミナリエ」である。

神戸を代表するイルミネーションイベントである。イルミネーションと聞くとクリスマスのイメージがあるだろうが、神戸ルミナリエの開催時期はクリスマスより前になるので注意が必要だ。

ちなみに2017年の開催時期は12月8日~17日までとなる。

夜の神戸は一人で過ごしても面白くない。美しさ、素晴らしさを共有できる相手がいて初めて輝きを増すのである。

神戸の夜にイルミネーションは欠かせない。そこで照らし出されるのはモテる男か、モテない男か。

イルミネーション デート

神戸の夜にはイルミネーションが欠かせない。イルミネーションつまり灯りのない神戸なんて神戸ではない。

六甲からの夜景でも街中からの夜景でも、海からの夜景でも、そこには必ず光があった。人々が生活をする灯り、それが夜景の正体である。

つまり人々の生活なしに神戸は成り立たないのである。人が生きている光と考えれば、夜景というものは更に感慨深いものとして楽しむことができるだろう。

が、そうした夜の神戸を楽しむには、光を味方に付けねばならない。光を敵に回してしまえば、たちどころにデートは悲惨なものとなるだろう。

それは夜景を楽しむには、見ている側の光量は少なくしなくてはならないからだ。そうしないと遠くの夜景を楽しむことができなくなる。

が、手元の光量を暗くすると二人の距離は近づかざるを得ない。距離が近づけば、当然顔と顔の距離が近くなる。

そして、その近寄った状態でスマホなどでお互いの顔を灯すことになる。そんなシチュエーションが想像できただろうか。

正しく想像できたならば、その後に起きる惨劇も想像できることだろう。そう、至近距離から顔を見られた結果、ヒゲの毛穴までばっちり捉えれるという悲劇だ。

「ヒゲの毛穴を見られることくらい、どうってことはない」と君は言うだろうか。もしそう思っているならば、これからのモテる男になるプロセスは長く険しいものになるかもしれない。

昨今の傾向として、男のムダ毛はほぼ必要ないというのが世の女性陣の考えなのだ。

「あってもいいが、ないと美意識が高い気がするし清潔感がある」というムダ毛処理を擁護する割合が高い。

そして、清潔感は譲れないというのも女性たちの好みなのである。清潔感に含まれる範疇は広い。服装、髪型、臭いなど全身の出で立ちすべてに関わってくる。

当然、そこにはムダ毛も入る。毛深い、毛が絡まっている、処理していない、無精ヒゲというのは、女性ウケがすこぶる悪い。

至近距離から顔を見られ、ヒゲの毛穴をチェックされるというのは、無精ヒゲ&毛深いというダブルパンチを女性に食らわせているようなものだ。

それを見て「清潔感がある人ね」とは思うことはできないだろう。

神戸の街に不可欠なイルミネーションは実はムダ毛発見器なのである。それも女性が自ら確かめることができるタイプの。

君たちの「これくらいならいいだろう」が通用しない相手、それが女性のチェックなのだ。毛は処理して一つの損もなし、だ。

「神戸の夜景より君の方がよっぽどきれいだよ」なんて歯の浮くセリフは、君のムダ毛、剃り残し、、無精ヒゲが彼女の目の前に明らかにされてしまった時点で、陳腐でよりお粗末なものになってしまうだろう。

君が、夜景と彼女の美しさをかけたいと思うならば、君に欠点がない状態で挑まねばならない。さもなくば、気障ったらしい言葉一つ一つが刃となり、君の評価を傷つけることだろう。

慌てない余裕がある男が、神戸の夜には似合うのさ

事前準備 メンズ脱毛

神戸は恋人の街である。昼も夜も神戸の街は恋人たちを受け入れてくれる。しかし、その神戸の街で女性に認められる男は案外少ない。

距離がぐっと近づく夜の神戸だからこそ、事前の準備が必要なのだ。

ヒゲの処理をして、服装の乱れをチェックして、髪型を整え、臭いにも気を付ける。近寄ることで普段見えない欠点が間近になってしまうので、身だしなみには特に気を払っておくように。

更に、電気代りにするスマホや財布と言った小物も、ぼろぼろのカバーが付いたまま、キャラクターのシールが貼ったままにせず、日ごろからきれいにしておこう。

その日当日にしたらいいという考えでは、どこかで抜けができてしまうものだ。毎日少しずつやっていくことが、一番確実なのである。

ただ、毛の処理に関しては自己処理はあまりおすすめできない。それは日常的に毛の処理を行うことで、肌が荒れていくからである。肌が荒れると、色素沈着が起こり肌が汚く見えてしまう。

色素沈着してしまえば、洗ってもきれいにはならない。そうなってしまっては、肌に刺激を与えない状態で肌のターンオーバーを待ち、色が薄くなるのを待つしかなくなる。

しかし、それではヒゲは伸び放題になりクマのような出で立ちになってしまうことだろう。ヒゲにしろ、腕毛、わき毛、陰毛、脚の毛、胸毛、尻毛にしろ、清潔感のある見た目、肌になるためには自己処理ではだめだ。

おすすめは脱毛のプロに頼る「脱毛」である。毛根からしっかり処理することで、毛が生えてくるのを確実に減らすことができる。

毛がほぼ生えなくなる状態から、毛の量を減らした状態まで自分の好みで選ぶことができるのも脱毛の魅力だ。自己処理では、0(ナシ)か1(アリ)のどちらかしか選ぶことができないからな。

事前の準備をしっかりしてデート当日に慌てない余裕を手に入れておこう。

急なデートでも慌てない!
ジョリジョリーノがおすすめのメンズ脱毛TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開している男性脱毛専門のメンズリゼだ。

お笑い芸人のノンスタイルがCMに起用されていることでも有名だ。

メンズリゼでは、医療従事者による永久脱毛が受けられる。

メンズリゼの強みは、手厚いアフターケア保証があることだ。キャンセル料・カウンセリング料・剃毛代・再診料・万が一の肌トラブルの際の処置料もメンズリゼでは完全無料である。

全身脱毛を検討しているなら、全身脱毛5回コース298,000円がおすすめだ。まとまったお金が無くても、月々6,100円から始められる定額プランもあるから、バイト代やお小遣いの中でも始めやすいな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位は脱毛サロンのRINX

RINXは日本初となる医師監修の脱毛専門サロンだ。

業界初となる脱毛器メーカーとの共同開発によるオリジナル脱毛機を使用している。

エステ脱毛は医療レーザーよりも痛みが少ないので、痛みが心配なメンズも安心して受けられるはずだ。

RINXの全身脱毛は4回コース315,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

お笑い芸人のアンジャッシュ児島さん、元サッカー日本代表の城彰二さん等著名人が通う男性専用クリニックとして話題のクリニックだ。

メンズリゼと同じ医療ということもあって、脱毛効果もきちんと出ることや、勧誘や高いコースを売りつけられる心配もないので、安心して通えると評判だ。

ゴリラクリニックの全身脱毛5回コースは570,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

デートスポット 最新記事

デートスポット 部位別ランキング

デートスポット お得ランキング

デートスポット その他ランキング

デートスポット 脱毛クリニック

デートスポット 脱毛エステサロン

デートスポット 部位別ランキング

デートスポット お得ランキング

デートスポット その他ランキング

デートスポット 脱毛クリニック

デートスポット 脱毛エステサロン

カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事