menu

MENU

Main menu

モテる男の脱毛流儀

脱毛の基本知識

その他

地域別Ranking

北海道

東北

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄

About us

JOLIJO LINOとは

運営者情報

サイトマップ

お問い合わせ

SEARCH

Select Area

絞り込み

Select Style

Free Word Search

メインビジュアル

最終更新日:2017年11月28日

ボーナスの使い道が人生のターニングポイントになることも。モテる男の正しいボーナスの使い方

2017年末のボーナスは上昇傾向

年末 ボーナス

2017年も終わりに近づき、ビジネスパーソンの多くは年末進行に苦しめられているのではなかろうか。

業界によっては、年度末がより「デスマーチ」が鳴り響くところもあるだろうが、年末から年明けにかけては誰もが忙しい時期なのだ。

が、そんな忙しいときにも「ご褒美」があれば頑張れるものだ。社会人にとって、そのご褒美は「ボーナス」に違いないだろう。

大手企業、公務員は12月10日、中小企業では12月の月末に支給されることが多い「ボーナス」は、日本の企業を象徴するシステムである。

ボーナス(bonus)という言葉の通り、欧米でももちろんボーナスはある。

しかし、それは「特別配当」や「報奨金」と言われるもので、会社の業績がよかったから従業員に還元しましょう、今回のプロジェクトで多いに頑張ってくれたので出しましょう、という性格のものなのだ。

結果、月給の0.5~1ヶ月分がせいぜいとなっている。一方、日本のボーナス額は、企業により差はあれど月給の0.5~3ヶ月分と欧米に比べて多く、回数も年に2回(夏と冬)と決まっている。

しかし、企業、一部の富裕層の景気が良くなっているのは確かである。多くのアナリストたちが言うように、2020年に行わる東京オリンピックに向け景気は回復していくのはまず間違いないだろう。

ボーナスを貰える君はいい企業に就職した自分を存分に褒めてあげるのだな。実際に、世間の男たちがどんなボーナスの使い方をしていて、どんな使い方が理想かを紹介していこう。

モテる男はボーナスで自分を磨く

自分磨き

ボーナスの使い道と言えば、多くの場合「買い物」に使うのではなかろうか。

実際インターネット上のアンケートによると、炊飯器や洗濯機などの家電を買う。新車を買う。年末年始に向けて、ゲーム機、ゲームソフトを買う。高級な時計を買った経験者が多い。

こういった自分への買い物は、悪くはないがおすすめはできない。まだ上等な買い物は、恋人へのプレゼントではなかろうか。

彼女の喜ぶ顔が見たい、という男心。大いに結構ではないか。ある男は婚約指輪を買うという。一時は月給の3ヶ月分と言われた婚約指輪だ。

ボーナスを頭金に、と考えるのは、彼女の事を真摯に考える男の姿である。世間の大半は、こうした「買い物」にボーナスを費やす。この使い方は中の下といったところか。

いやいや自分は、将来を見据えて「貯金」をしている、と胸を張るヤツもいる。貯金が如何にも素晴らしい使い道だ、と言わんばかりにな。

大体、買い物か貯金。この2つに世間の使い方は集約される。だが、モテる男は第三の使い方をする。その使い方は「自己投資」だ。自分への投資は、自分をよりよくするため、向上させるためにボーナスを使うことを意味する。

スクール

スクール 習い事

スクール通いは自己投資の定番だ。自分の現在のスキルを伸ばしたり、新たなスキルを伸ばしたりと自己向上の表れといえる。

スクールに通うためには、まず自分が現在おかれている立場を十分理解するところか始まる。

社会人であれば、自分は部署の中でどんなポジションにいるのか。そして、そのポジションに同僚、上司、会社はどんなことを望んでいるのか。

また、自分がどう動けばより大きなプロジェクトが円滑に進んでいくのか。そういった自分の場所、仕事の流れをよく理解した上で、自分に足りないスキル、欲しいスキルが見えてくるのだ。

そこで、会社に言われたからとか、ただ何となくというのでは、向上心としは今一つである。やはり自主的に、自分に必要なものを探る。

この部分があって初めて、より効率的で効果のある学びができるのである。どのようなスクールに通うかは、一人ひとりで違ってくる。

一般的な会社に勤めるヤツであれば、パソコンや英会話がスキルアップになってくるだろう。扱う商材によっては、ワインスクール(ソムリエ資格)、華道、料理教室なんてのもあり得る。

調べればかなりマニアックな教室もある時代だ。それゆえ、自分がどんなスキルを学ぶのか。それを最初に見極める必要がある。その見極めさえ知っていれば、ボーナスの使い方としては上の下といえるだろう。

投資

投資

投資もボーナスの使い方としてはいい。投資を常にしている人間からしてみれば、疑問に感じるかもしれないが、投資も貯金も同じだと考えている人間が若干いる。

金を使えなくするのだから、どちらも一緒ではないか、と。そんなことはない。投資、貯金と名前が違うのだから、全くの別物である。

現在、日本では個人投資を推奨している。それは超高齢社会(65歳以上の人口が、全人口の21%を超えた社会。日本では2007年に超高齢社会になっている)の日本で、現役世代がリタイアした後の生活を豊かにするためである。

一昔前のように、国が老後の金を全て賄うのは無理だ、と言葉を変えて国側が教えてくれているのである。

だから、NISA(Nippon Individual Savings Accountの略。小額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ。個人型確定拠出年金)がここ数年取り上げられているのだ。

それらの制度を上手く使い、金融資産を増やしていくことだ。貯蓄では金融資産はほとんど増えない。だが、投資をしていけば金融資産を増やしていくことができる。

しかし、投資はギャンブルではない。下手に利益を追求すれば、大きく負け越すことも多々あるのだ。投資は堅実に行うこと。これが、資産を増やすための大切な心掛けである。

そして増やした資産をどう使うか。将来の入用の際に使えばいいのだ。投資という使い方は上の中と言える。

イメチェン

イメチェン

最後に上の上の使い方である。それはずばり、イメチェンである。何故イメチェンがボーナスの使い方として最もいいのか。それは、君たちが求めている「モテる男」になるために、最適な使い方であるからだ。

投資で金を持っている男になるのもいいが、投資で資金を増やしている男は必ずしも金払いのいい男ではないのである。だから、どうしても女性からはわかりにくい。

その点、イメチェン。つまり見た目を変えるというのは、誰にでもわかりやすい。特に女性にはてきめんに効果が出る。

女性の多くは、理想の男性に「優しい人」と答えるが、その前提として「生理的に受け入れられる外見の人」というものが付く。

その前提を乗り越えなければ、そもそも相手にしてもらえないのだ。だからこそ、イメチェンというのは意味があるのである。

では、どのような方法でイメチェンを図るか、だ。

ジム

ジム

一つはジム通いがある。スクール通いに似た性格を持っているが、ジム通いは肉体を鍛えるのでイメチェン効果が高い。

ウエイトを絞って、細マッチョを目指すもよし。体脂肪を絞って、細身のスーツが似合う体型を目指すもよしだ。

トレーニングマシーン、プール、格闘技など、ジムによっては多彩なプログラムが用意されている。中にはパーソナルトレーナーが付いてくれるところもある。

自分が興味のある、納得のいったトレーニングやプログラムを行うことで、目標までめげずに続けることができる。

髪型

髪型

また髪型を変えるのもいいだろう。それほど金はかからず、雰囲気を変えることができる。

特に、髪を切る期間が3か月以上というヤツは、髪型を変えるだけでモテる確率がかなり上がる。ここで注意が必要なのは、いつも通りの髪型では意味がないということだ。

普段の自分ではしないような髪型にチャレンジする勇気が必要だ。髪なんて数か月すれば伸びてくる。

失敗しても「マイペンライ」(「ハクナマタタ」「ケセラセラ」「なんくるないさ」「無問題(もうまんたい)」など言い方は様々)の気分でチャレンジしてみて欲しい。

もし、どんな髪型がいいかわからない場合は、最近のファッション誌を持っていくか、サロンに置いてある雑誌を見て、美容師と相談するといいだろう。

恥ずかしがらず「モテるようになりたい」と言いさえすれば、君に一番似合う髪型を提案してくれるはずだ。

その時、パーマを当てる、髪を染めるなどのオプションが増えるかもしれない。会社規則でNGにならないのであれば、その辺りのオプションも美容師の提案を受け入れるといいだろう。

初めはそこからだ。そこでいいか悪いかを学ぶことで、次への参考にもなる。初めから成功させようと思うから、失敗が怖くなるし、チャレンジが怖くなるのだ。

失敗して当たり前、そう思って何事にもチャレンジする人間が結果的に大業を成すのである。

服装

服装 スーツ

買い物とも被るが、新しい服を買うというのもイメチェンにはいい。スーツを新しく買いそろえる、身の回りの小物を買い替えるなど、見直す点は多いだろう。

ボーナスのようにある程度まとまった金が入るのであれば、自分用のカスタマイズされたアイテム、もしくはオーダーメイドの商品を手に入れるのもいい。

そうしたアイテムは愛着がわくので長く使おう、大切に使おうとして、実際に使っていくにつれてより自分好みになっていくものだ。

カフスやタイピンといった部分にこだわるのもいいだろう。さりげないオシャレは、男では気づきにくいが、女性は驚くほどに気づく。

趣味のいいアイテム、質のいいものというのも、女性には語らずとも伝わるものである。選ぶ際に気を付けるのは、自身の趣味ではなく定番のもの、質のいいものを選ぶということだ。

自分の趣味で選ぶとどうしても偏りが生じたり、今の君からのイメチェンができなかったりする。折角、金を使うのだから、使った以上の結果は望みたいからな。

脱毛

メンズ脱毛

最後に脱毛、というのもイメチェンをするにはオススメだ。どうして脱毛でイメチェンができるのか。毛がなくなったごときで、と思うかもしれない。

しかし、毛、特にムダ毛というのは君たちの雰囲気にマイナスに働いていることが多々ある。

例えば、無精ヒゲは不摂生なイメージを与えてしまう。ニュースを見ていると、パトカーに乗せられる容疑者の写真が出る。

容疑者が男の場合、ほとんどは無精ヒゲを生やしている。この理由は、警察が容疑者の家に行くのが早朝というパターンが多いからだ。

一説では嫌がらせではないかとも言われるが、まだ鳥も鳴かないくらいの時間に来られてはヒゲを剃る暇もなく、あぁした無精ヒゲを生やした絵になってしまうのである。

あの姿を見るにつけ、「やはり道を逸れてしまった人間は……」と世間は思う。一種のメディアによる心理操作ともいえるが、無精ヒゲにはそうした「不摂生」「逸脱」というイメージを持たせるだけの力があるのだ。

無精ヒゲ以外にも、濃い腕の毛や指の毛、手の甲に生えた毛は、君たちを野蛮な男にしてしまうことだろう。濃いすね毛は爽やかなイメージをぶち壊すに違いない。

胸毛や陰部の毛とつながったギャランドゥは、生理的にノーサンキューになる。毛が濃くて、ムダ毛が多くていいことなんて一つもない。いや、こうした色恋沙汰だけではない。

ビジネスシーンでもマイナスに働く。ビジネスでは、如何に仕事を早く、確実に回せるかがポイントだ。

そこで、無精ヒゲやムダ毛が多いとなると、自己管理ができていない=仕事管理もできないと思われ、確実性の高い仕事に対して不安感を与えてしまう。

これでは成立する契約も成立しなくなってしまう。ボーナスというまとまった金で、気になるヒゲ、ムダ毛を一層して、爽やかな男にイメチェンする。

これはモテる男にとっても、デキる男にとっても、大きな意味がある行為だ。

イメチェンをして、モテる男となる。ボーナスの使い道として、上の上だ、と言った言葉の意味をわかってくれたと思う。

使い道に困ったら自分に問うのだ。「この選択は自分を成長させてくれるだろうか?」と

使い道

ある程度まとまった金が入るボーナスだからこそ、その使い方を考えるのは大切だ。自分にとってどんな使い方が一番いいのか。

悩んだ時には、自身に問えばいい。「この選択は自分を成長させてくれるか」と。そうすると、その使い道の結果訪れる未来、訪れて欲しいと願う未来が見えてくる。

成長した自分が見えるのであれば、その選択は間違っていない。もし、今と変わらない自分がいるのであれば、今一度考え直すといい。悩むのは悪いことではない。

確かに即断即決できる男もいる。そうした男は、自分がしたいこと、なりたい自分というものがはっきりしているのだ。

もし君が色々なことに悩んでしまう性質であったとしても、それで男として負けているとは考えてはいけない。悩んだ分だけ君には可能性があるのだ。

だが間違った選択をしたからと言って、一度や二度で人生が終わってしまうということもほぼない。ほとんどのことはやり直しがきく。

例え、その場ではやり直しがきかなくても、長い人生ではマイナスを逆転して大きな成功を収めることも可能である。

ボーナスの使い道を選ぶのは重要だが、今回の選択で例え上手くいかなくてもめげることはない。だから、勇気を出して、自分に一番価値があると思う使い方をして欲しい。その先に、モテる男への道が開けれるのである。

自分へのご褒美に!ボーナスでメンズ脱毛を!
おすすめの脱毛屋TOP3

第1位 メンズリゼ

メンズリゼ メンズ脱毛
第1位は、全国展開しているメンズ脱毛専門のメンズリゼだ。

確実に脱毛効果を得たいなら、メンズリゼの永久脱毛をおすすめする。
メンズリゼの全身脱毛は業界最安値5回コース299,000円で受けられる。
しかも、キャンセル料、カウンセリング料、剃毛代、処置料、再診料など、追加でかかる費用は0円だ。
メンズリゼでは、忙しいメンズも自分のペースで通えるよう、保証期間が業界最長5年
脱毛が初めてのメンズも始めやすいのがウリだな。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rize.com/

第2位 RINX

RINX リンクス
第2位はメンズ脱毛サロンのRINXだ。

RINXは、全国に35店舗以上展開している有名サロンだ。
RINXでは、エステ脱毛が受けられる。
エステ脱毛なら医療に比べて痛みも少ないから、痛みに弱いメンズにおすすめだ。
また、男性専門店だから、カウンセリングから施術までを男性スタッフが一貫して行ってくれる。
気になる料金だが、全身脱毛をする場合、315,000円の4回コースがおすすめだ。

詳細はこちら>>> https://www.mens-rinx.com/

第3位 ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
第3位は、男性専門総合美容クリニックのゴリラクリニックだ。

ゴリラクリニックは、メンズリゼと同じ永久脱毛が受けられるクリニックだ。
クリニックの脱毛はエステの光脱毛より強力だから、しっかりと効果を感じやすい。
その分痛みを感じやすいが、麻酔も完備されているから安心だ。
ゴリラクリニックの全身脱毛5回コースは570,000円で受けられるぜ。

詳細はこちら>>> http://www.dansei-datsumo.com/

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀 最新記事

ナイーブなメンズたちに贈る五月病予防リスト 2018年4月16日 モテる男の脱毛流儀

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

エリア

北海道 東北 関東
中部 関西 中国
四国 九州・沖縄  

ビジネス 部位別ランキング

ビジネス お得ランキング

ビジネス その他ランキング

ビジネス 脱毛クリニック

ビジネス 脱毛エステサロン

メンズリゼクリニック
カテゴリー

デートスポット

ビジネス

イベント

ライフスタイル

ファッション

ハウツー

アイテム

話題の記事