最終更新日:2015年11月24日

~ヒゲ脱毛編~ブラックジャックによろしくのパロディがマジでタメになる

~ヒゲ脱毛編~ブラックジャックによろしくのパロディがマジでタメになる
世の女性からすると、男の生え散らかしたヒゲ青~いヒゲはかなりの嫌悪感を持たれてるってことを知っているか?

最近では、レディーだけではなくメンズの脱毛も流行しているんだ。イケてるメンズたちはこぞって脱毛をしているって噂だ。

そのメンズ脱毛の中でも群を抜いての一番人気が「ヒゲ脱毛」だ。全て剃るだけではなく、おしゃれなデザインもできるし、青いヒゲだってレーザーの力で全て取り除くことができるから人気が出るに決まっている。

そこで今回は、佐藤秀峰先生の大人気漫画「ブラックジャックによろしく」のパロディである「メンズ脱毛をよろしく」をお借りして、ヒゲ脱毛のことを詳しく紹介したいと思う。

この「メンズ脱毛をよろしく」だが、メンズ脱毛専門の「メンズリゼクリニック」が監修した脱毛漫画だ。

青いのはそのヒゲだけじゃない。気になっているのに脱毛の事を知ろうとしない、そんなお前自身の青い部分も一度見つめなおしてみたらどうだ?

「~青ヒゲ編~ その青ヒゲとあと何年付き合いますか?」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
勘違いをしないでほしいから一応伝えておくが、この漫画はフィクションだ。メンズリゼクリニックの福岡院 院長は決して「ヒャッハー!」と叫ぶことはないと思うから安心してくれ。

この漫画を読んでみてどう思った?おもしろいと思うのも結構、だが本気で脱毛のことを考えているのであれば、この漫画が伝える真の内容を読み取れなきゃ意味ないぜ。

「そんなこと脱毛初心者の僕チンにはわからない・・・」だって?安心しろ、なんのために俺がいると思っている。

この漫画では、興味深い内容を2点説明している。そこを詳しく説明するぜ。

その1 青ヒゲは正直、自己解決できない

青ヒゲ
そもそも脱毛というのは、医療機関で行う毛の細胞を破壊する行為の事を言う。

だから、漫画でも説明されている通り、「ローション抑毛剤」「サプリメント」、また「除毛クリーム」「ブラジリアンワックス」といった方法でも絶対に青いヒゲはなくならない。やつらはゴキブリ並の生命力を持っている。

なぜ青ヒゲはなくならないのか

厳密に言えば、上の文章で紹介している方法は全て、「表面上にあるヒゲ」にしか反応しないから、青ヒゲはなくならない。

よく勘違いされることなのだが、青ヒゲの原因は肌が白いからというわけではない。まぁ、もちろん肌が白いから目立って見えてしまう、ということもあるが、根本的な原因は肌の中にある毛だ。

だから、表面下、つまり直接的に毛の細胞に反応させる「医療用レーザーを使用した脱毛」が、青ヒゲをなくすことができるたった1つの方法だ。

サロンの光脱毛ではヒゲの「脱毛」を行えないのか?

じゃあサロンの光脱毛ってのはいったいなんなんだ?と思ったやつ、いい勘してるぜ。

ここで勘違いしてほしくないのは、青ヒゲを取り除けるのはクリニックや病院で行う「医療脱毛」であって、サロンで行う「光脱毛」ではない。

光脱毛はしっかりと説明すると「脱毛」ではなく「減毛」なんだ。さっきも説明したが、「脱毛」は医療行為だから、医師がいないサロンで行えるはずもないだろ?サッカーボールがないのにサッカーができるか?

だから、サロンはかなり弱いレベル(毛の細胞は絶対に破壊できない程度)でレーザーを照射しているだけにすぎない。ゴムボールでサッカーをしているようなもんだ。

まとめ

まぁつまり、このセクションで伝えたかったことは、

「青ヒゲの解決はクリニックでの脱毛しかありません。費用がかかる、という理由で色々な方法を試行錯誤することに意味はなく、逆に多くの金がかかることに加え、肌にもかなりの悪影響を及ぼします。あなたの将来の顔はボッコボコです。」

ってことだな(あくまでも俺の推測だ)。

その2 ヒゲ脱毛の期間は、早くて半年(5回の照射)

ヒゲ脱毛
じゃあ、すぐにでも脱毛を始めて1日も早くヒゲとは永遠のさよならだ!と考えたかもしれないが、たかが1回のレーザー脱毛を行う事でヒゲはなくならない。

青ヒゲの生命力はゴキブリ並だ。

毛には毛周期というものがあり、成長期(目に見えている)の毛もあれば、休止期(皮膚の奥で休んでいる)の毛もある。

成長期の毛は全体の約20~30%とされている。レーザー脱毛は成長期の毛だけに反応するから、休止期の毛にはなんの効果もない。だから、急いで脱毛しても意味がない!

100%の成長期の毛を破壊するには単純計算でも、約5回のヒゲ脱毛治療が必要になってくる。

しかも、毛はそこまですぐに生えるもんじゃないだろ?(漫画では2秒で生えそろうと書いていたがスルーしてくれ。)

休止期の毛が成長期に入るまで待ってからレーザーの照射をしないと効果はない。ヒゲ脱毛には待つ時間も大切だ。よく言うだろ、待ち合わせ場所で待っている時間でさえ、デートの一部だ、ってな。

ヒゲ脱毛にかかる半年を長いと思うかどうかはお前次第だ。

「半年もかかるのか・・・」と思ったかもしれないが、逆に言えば青ヒゲを目立たなくさせる最短の時間が半年だ。

効果だが、半年たったらドン!とくるというわけではなくて、レーザーの照射を行うたびに肌はキレイになっていく。だから、半年なんてやっちまえば意外とあっという間だ。

まとめ

つまり、このセクションで伝えたかったことは、

「脱毛には最低でも半年かかるが、それは長くなくしっかりと治療を行う上で必要な時間です。半年でさえ長いと言って諦める人は、この先何かに挑戦しようと思っても、簡単に諦めてしまうような人間です。」

ということだな(もう一度いうが、あくまで俺の推測だ)。

青ヒゲを解決したいなら、今すぐ脱毛クリニックに連絡だ。

メンズ脱毛をよろしく⑦
ヒゲ脱毛に関しては早めに行動することが大事だ。自分のヒゲが気になっているのなら、今すぐいい脱毛クリニックを見つけてヒゲをきれいにしてくれ。

「心の準備が・・・」と言っているやつがいれば、俺を呼んでくれ。お前の家にある全てのカミソリを燃やしてやる。

カミソリで自己処理を続けてしまうと、将来的にもかなりお肌に負担を与えてしまうぜ。気付いたときには取り返しがつかないくらいな。肌はボロボロ、ヒゲは真っ青・・・俺には耐えられないね。

>>>ヒゲの処理は危険!今すぐ止めた方が良い3つの理由とは

お前のその体を美しく維持するためにも、ヒゲ脱毛はおすすめするぜ。

レディーのように、男も自分の肌や体を大切にしなければいけない時代だ。自分を大切にできないやつが、愛した女を大切にできんのか?答えはNoだ。

おすすめの記事

モテる男の脱毛流儀

知って得する脱毛知識

脱毛ランキング

メンズリゼクリニック